FC2ブログ
  • みんなちがって、みんないい
    教員指示か 卒業生、国歌斉唱起立せず 大阪府門真市の市立第三中学校で今月13日に行われた卒業式で、約170人の卒業生のうち男子生徒1人を除く全員が、国歌斉唱時に起立せず、その多くが斉唱もしなかったことが26日、分かった。式に出席していた3学年の担任、副担任計11人のうち9人も起立せずに斉唱もしなかったという。学校側は事前に教員が卒業生に不起立を促した可能性があるとみて担任らから事情を聴いており、事... 続きを読む
  • しんたろ君
    「世論気にして政治できぬ」 可決で一転石原節 都民の7割以上が反対する中、経営難に陥った「石原銀行」の救済に400億円もの税金が投入されることになった。26日、新銀行東京への追加出資を賛成多数で可決した都議会の予算特別委員会後、石原慎太郎知事は「世論調査を気にしていたら政治はできない」と開き直った。再建の見通しは明るくないのに、1世帯あたり6520円の負担。都民からは厳しい声があがっている(以下略)... 続きを読む
  • 笑っていられるうちはいいが
    国境なき記者団が妨害行為=「人権は聖火より神聖」 【パリ24日時事】ギリシャのオリンピアで24日、北京五輪の聖火採火式中に妨害行為があったが、騒ぎを起こしたのはジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)のメンバー3人だった。 同団体は騒ぎの後、パリで声明を発表し、「聖火が神聖だというなら人権はもっと神聖だ。悲惨な人権状況を非難せずに、中国に平和のシンボルである聖火を渡すことは許せない」と強調。機... 続きを読む
  • 賞味期限過敏症?
    これは一体、大仰に発表したり活字にしたりするほどのことなのか。単においしく食べられる期限の目安としてメーカーが設定しただけのドライグロサリーの賞味期限を、1か月かそこら過ぎた程度のことで、さも安全性に問題があるかのように過敏に反応せねばならない社会はおかしい。このケースでは、指摘した客にはその場で謝って、商品を交換するなり、客の了解を得て販売すれば済む話です。私のように1年過ぎてても平気で食べろとは... 続きを読む
  • Maya
    このMAYAという日本人歌手、どういう人なのかほとんど知らずにいたけど、このアルバムは昨年からなんとなく愛聴。いまちょっと調べてみたら、ここ数年はジャズ界でちょっとした話題の歌手らしい。どうも最近のジャズ事情には疎いもので。「ジャズ批評ブックス MAYAのすべて」なんてのも出てました。99年にライブハウスでデビュー。スペイン語、ポルトガル語、日本語、英語、中国語、イタリア語、フランス語などを駆使して歌うジャ... 続きを読む
  • gatecrasherたち
    イギリスで女子高生が18歳の誕生パーティーを盛大に開こうとしたところ、ラジオやネットで紹介されたために2000人が押し掛けて大変な目に遭ったらしい。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080317-00000906-san-intテレグラフ紙の記事。写真も出てる。http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2008/03/16/nparty216.xmlこのサラさん、学校で「誰でも招待する」旨のポスターを貼り出したものの、当日が近づくにつれ... 続きを読む
  • 春の吉祥寺を往く
    さて春うららかなこの週末、一人で吉祥寺散歩。だがこの時期に大敵なのが花粉。鼻炎薬を服用し、目薬を携帯して準備万端で出かける。井の頭公園到着。桜はまだ準備中…。ここのカモは人に慣れている。写真では分かりづらいが、カメの群れ。飼いきれなくなったペットをみんなここに放すのか、大増殖中。多くは外来種のアカミミガメか。陸に上がれる場所がほとんどないので、甲羅干しのために木の枝や細い杭の上に競って上がろうとす... 続きを読む
  • 芸術と政治家
    靖国映画「事前試写を」 自民議員が要求、全議員対象に 靖国神社を題材にしたドキュメンタリー映画の国会議員向け試写会が、12日に開かれる。この映画は4月公開予定だが、内容を「反日的」と聞いた一部の自民党議員が、文化庁を通じて試写を求めた( 略 )映画は、89年から日本に在住する中国人監督、李纓(リ・イン)さんの「靖国 YASUKUNI」( 略 )李監督の事務所と配給・宣伝会社の「アルゴ・ピクチャーズ」(... 続きを読む
  • またやらかした
    昨年の暮れに続き、酔った帰りに中央線で寝過してしまいました。今回は神田から一気に拝島にワープ。すでに1:00AM。当然ながら上り電車は終了。仕方なく改札を出たものの、はてどうしたものか。年末の西八王子ではネット喫茶があったのでなんとか朝まで過ごせましたが、ここではこの時間に開いている店といえばコンビニとキャバクラとスナックくらい。かといってタクシーに大枚はたくのも悔しい。こうなると、ちらちらと脳裏によ... 続きを読む
  • THE ROAR OF '74 / BUDDY RICH
    それまでバディ・リッチといえば「よく分からんけどスウィング時代の偉いドラマーの一人」という程度の認識しかなかったので、ふとしたことからこの作品を初めて聴いたときにはぶったまげました。先入観にとらわれていては、本当にすごい作品との出会いも逃してしまいます。1917年生まれのリッチは、父の影響により1歳半の頃からヴォードヴィルでの演奏活動を開始(!)、11歳でバンドリーダーに就いたという、ほとんどマンガみたい... 続きを読む

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ