FC2ブログ
  • 今週の農作業
    先週の続きのトマトから。早くも花が咲いている。受粉を促進するホルモン剤をかけてやる。ついでに花のすぐ下の「わき芽」を摘む。トウモロコシ。これは小さいので、土にちょんちょんと差していく感じですぐ終わりました。ナス。苗と一緒に植えてあるネギは、病気を予防するためだそうです。同じナス科の植物(名前は忘れた)を台木にして、接ぎ木してある。だから根っこと地上部は別の植物。... 続きを読む
  • 未読書日記18 『音律と音階の科学』 小方 厚 著
    前から気になってはいたものの、他の面白い本にかまけてつい買わずにいた一冊。しかし読み始めてみると、予想以上に面白い。心地よいことは分かっているが、改めて考えてみると不思議なことだらけの「音楽」。現在では圧倒的な主流になっている西洋12音階は、恣意的にも見える音の並び方になっているのはなぜか?特定の音同士の組み合わせが心地よさを生むのはなぜか?といった、漠然と感じている疑問に極めて明快かつ論理的に答え... 続きを読む
  • 【転載】オンラインアクションに参加しよ~
    ガザ紛争に関するアムネスティの新しいオンライン・アクションができました。 クリックしてかんたんにメール送れるようになっています。 件名も本文もコピペできます 本文の最後にご自分のお名前をローマ字で書くだけです! 安保理議長国の大使をあて先にし、ccで日本政府代表を入れてください。 年末から新年にかけてのガザの紛争はほんまに酷かったですね… たくさんの生きていた人が死んだ ここで、酷かったで終わったらダメ... 続きを読む
  • 畑仕事はじめました
    先日から、市の農業体験講座のようなものに参加中。野菜コースは希望者が多く倍率が高かったようですが、応募したら運よく当選したもので。週末ごとに地元の農家がボランティアのような形で、畑を貸して指導してくれる。いつも野菜を買いに行く顔見知りの農家でした。初日の朝、近所の公園に全員集合。ラジオ体操ではない。トマトの苗を移植。農家の人がお手本を見せてくれる。見よう見まねでなんとか完了。次は枝豆。苗は意外に見... 続きを読む
  • 狂ったひとびと
    100人がかりで中学生一人をリンチすることが「デモ」なのか? 先週、埼玉県蕨市で、先週土曜日、埼玉県蕨市で、「犯罪外国人・犯罪助長メディアを許さない国民大行進 in 蕨」という「デモ」が行われ、約100人程が同市で街宣しながら歩くということがありました。これは、法務大臣により、その在留が認められたフィリピン人少女(本人のプライバシーに配慮して、以下Aさんとします)*を名指しでつるし上げ、彼女の通う中学校... 続きを読む
  • かんばんは 再び
    ○伊国屋書店に許可は取ってあるのか。たぶんないが、その筋では有名な書店。どの筋か分からんが。店内にヤングはいないようでした。こちらもとりあえずいないようでした。自称“怪しい”は本当に怪しいのか。甚だ怪しい。築地市場にて。だそうです。一番はいずこに。こちらも参照。販促条件をめぐるキリンvsオーケーの闘争は続く。新しい営業先を開拓したらしい。どうぞと言われても。... 続きを読む
  • Ballads~Remembering John Coltrane / KARRIN ALLYSON
    個人的にはどうもピンとこないカーリン・アリソンですが、01年発売のこのアルバムだけは別格。彼女の作品を全部聴いているわけじゃないけど、その後もこの神がかり的傑作を超える作品が聴けないのは残念です。92年デビューのジャズ歌手アリソンは、ロック畑からジャズに転向してきた経歴を持つらしい。近年はボサノバとかフレンチポップスとかブルースとかの企画盤を出してはいるものの、いずれもジョン・コルトレーンへのトリビュ... 続きを読む
  • 島村手記問題のゆくえ
    朝日支局襲撃事件 「実行犯でない」 週刊新潮手記覆す  朝日新聞阪神支局襲撃事件など一連の警察庁指定116号事件(03年3月までにすべて時効成立)で、週刊新潮に「実行犯」として手記を寄せた島村征憲氏(65)が、毎日新聞などの取材に応じ、自らが実行犯だったことを否定した。「散弾銃で撃った」などとした手記内容を覆す内容で、同誌の報道内容の信頼性が失われる形になった。(以下略)http://headlines.yahoo.co.jp/... 続きを読む
  • 未読書日記17 「時間とは何か」(『Newton』 5月号)
    『Newton』を取り上げるのは2回目。前回のは「『次元』とは何か」でしたが、今回の特集も「『時間』とは何か」という、これまた日頃から興味津津なテーマ。「時間」は「空間」と並んで、どちらも人間が世界を認識するための基本的な枠組みでありながら、それ自体の正体を考え始めるととたんにワケが分からなくなる厄介な存在。どうやら両者は本質的には同じもので、ある種の要因によって人間には別々のものとして見えているらしい... 続きを読む
  • 4月1日の妄想
    「総理、いよいよX国において飛翔体の発射準備が完了した模様です。本日中にも発射されるとの情報が入ってまいりました」「あーそう。何しろ初のミサイル防衛なんだからね。万が一にもわが国の領土に落ちようなんてぇことになったら、絶対に迎撃してもらわんと困るんだよ。大丈夫なんだろうね」「はっ。すでにJ隊の地対空誘導弾パタリオットットが首都圏および北東方面に展開しております」「そうかね。マンゼンの態勢で臨むよう... 続きを読む

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ