FC2ブログ
  • 未読書日記24 『偶然とは何か――その積極的意味』 竹内啓 著
    タイトルに惹かれて買った。思えば、自分は「偶然」と名の付く本を衝動買いしがちである。木田元『偶然性と運命』(岩波新書)然り、以前に紹介したレナード・ムロディナウ著『たまたま ― 日常に潜む「偶然」を科学する』(ダイヤモンド社)然り。「偶然」が気になって仕方ないのか。基本的に理系の内容なのだが、経済学から近代史、国家間での歴史認識の共有、人間の自由意思の問題にまで踏み込み、偶然性や確率論を軸に話は縦横無尽... 続きを読む
  • かんばんは 其の捨弐
    使っているのを見たことないブー本当に馬で乗り付けてビックリさせてやりたくなるなこういうのって、総合商社じゃなくて専門商社って言うんじゃないの?切削工具にもいろいろあるブー。いろいろ扱っているから総合商社だブー銀座のショーウィンドウでヨガのポーズ決め何思ふマネキン噴火はすでに終わったのか、休火山のようだブーこんな落書きするのはヒト・ト・シテどうなんだろうねこういうのもヒト・ト・シテいかがかブー何があ... 続きを読む
  • マニアの世界
    JR新宿駅にて。不思議なことをやっている人がいた。ホームに設置されている構内放送用のスピーカーにマイクを押し当てて、放送を録音しているようだ。だいぶ本格的な録音機材のようだが、どう見てもTVなどの取材クル―には見えない。もしや、これが噂に聞く「聴き鉄」ってやつなのか?電車の撮影に夢中になる、いわゆる「撮り鉄」の気持ちはまだ理解できる。だが「○番線に高尾行き電車がまいりまーす、白線の内側まで下がって…」み... 続きを読む

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ