FC2ブログ
  • 暗い情熱
    【2chの反応】やっぱり「偽遺族」だった!!!!?イスラム国(砂朝鮮)で人質になってる後藤健二さんと母・石堂順子さんは血縁関係はあるもののほとんど赤の他人だった!?生みの親であることには変わりないのに、どうして「偽遺族」なのか。(そもそもまだ「遺族」ではない)この情報自体の根拠も不明ながら、今みたいな緊迫した状況で、こういうプライバシーを暴くことに情熱を傾ける人々のメンタリティーに暗然とする。... 続きを読む
  • Balladist 纐纈歩美
    Balladist 纐纈歩美  矢野沙織、小林香織、寺久保エレナ、藤野美由紀…と、日本のジャズ・シーンではここ10年ほど女性サックス奏者の台頭が著しいが、いま注目しているのは纐纈歩美。とりわけバラード演奏に天性の才能を感じていたところ、昨秋に新アルバムがリリースされた。その名も『バラーディスト』。4曲目〈Dedicated to You〉。ジョニー・ハートマンの歌伴をしたジョン・コルトレーンの名演をどうしても意識してし... 続きを読む
  • 「地味女子=メガネ」という発想
    麻生久美子、色気ゼロの地味ヒロインに!園子温×長谷川博己タッグ作に出演!シネマトゥデイ 1月20日(火)7時0分配信『きょうは会社休みます。』の綾瀬はるかもそうだったが、いい加減「地味女子」の記号にメガネを使う安直な演出はやめたほうがいい。どうせまた「メガネを外したらまぁ美人!」みたいなシーンが出てくるんだろ。... 続きを読む
  • これは時代劇ですか
    サザン桑田、ライブ演出で謝罪文発表「深く反省すると共に、謹んでお詫び申し上げます」2015年1月15日 18時45分 スポーツ報知 この騒動で驚かされるのは、比較的若い層の中にも褒章や勲章の類を本気で有難がっている連中がそれなりにいるらしいという事実だ。お上から褒められることを有難がる根性自体がまず相当恥ずかしいと思うが、まぁ芸能人にとって紫綬褒章のブランド力は無視できないんだろうな。桑田にしてみれば、それへの... 続きを読む
  • 風刺とタブー
    シャルリー・エブド最新号を批判 ジャーナリストの国際団体など 襲撃を受けて12人が死亡したフランスの週刊紙「シャルリー・エブド」の1月14日発売号の表紙に、イスラム教ではタブー視されている予言者ムハンマドの風刺画が掲載されていることが明らかになり、波紋が広がっている。2015.01.14The Huffington Post今号の表紙の「風刺画」に対する評価はさておき、この国際団体の主張には個人的には賛成4割反対6割といったところだ... 続きを読む
  • 日本の自粛文化
    爆笑問題 NHKで政治家ネタ没にデイリースポーツ 1月7日(水)10時4分配信選挙「公平報道」要望書、影響は 法大教授分析  街頭インタビューが見当たらない局があったほか、政治家の資料映像が激減――。今回の衆院選前に自民党がテレビ各局に選挙報道の公平中立を求める文書を出した影響について、法政大の水島宏明教授(テレビ報道論)が分析したところ、一部で結果的に要望に沿った傾向が見られたという。水島教授は「影響を受... 続きを読む
  • 〈初笑い〉 「サザンは反日」
    「サザンは反日」 全く意味が分かりません…ネット上で急速に広まる「サザンオールスターズは反日左翼!」の声 在日説も浮上すごいなぁネトウヨ脳。平和や友好を歌ったらいきなり「反日」「在日」認定だもんなぁ。紅白で『ピースとハイライト』に続けて歌った東京五輪賛歌みたいな曲と合わせて、NHK的なバランス感覚を取った全く当たり障りない姿勢にしか見えなかったが、世の中にはものすごい妄想力の人たちがいるもんだと。それ... 続きを読む
  • 「国」を歌う二人 その落差
    大晦日は何年かぶりでNHK紅白歌合戦をほぼ最後まで通して観た。最も注目していたのは、たしか10年ぶりくらいの出演となる中島みゆきだ。20年来のファンではあるが、このところ遠ざかっていたので最近の曲はだいたい知らない。朝の連ドラを観る習慣がないので、『麦の唄』をちゃんと聴くのもこれが初めてだった。「ファン」と言えるのかどうかも怪しい。それでも、みゆきさんの歌は相変わらず最高だった。中島みゆき 麦の唄今回は1... 続きを読む

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ