FC2ブログ

「報復としての死刑」論者に問う

死刑の存廃は国民性や歴史を無視しては語れない --- 荘司 雅彦

…日本では、忠臣蔵に代表されるように「仇討ち」は一種の美学と考えられていました。江戸時代は言うに及ばず、明治初期まで「仇討ち」は合法的な制度として存続していたのです(略)今日の日本人の死刑に対する意識は、被害者遺族の被害感情、報復感情を充たす制度として国家の刑罰としての死刑が存在するのです(略)時代背景や宗教観、民族意識を無視して、一概に「死刑制度を存置している日本は野蛮だ」と決めつけるのは価値観の押し付けでしかありません。


7/11(火) アゴラ


前から言っていることだが、「被害者遺族の被害感情、報復感情を充たす」ために死刑制度が必要だとする人々に問いたい。
ではなぜ、かつて日本に存在した鋸引き刑や磔刑、切腹などの復活も同時に訴えないのか。

もちろん現在の憲法ではそれらの残虐刑が禁じられているわけだが、「報復感情を満たす」ために死刑が必要だと考える以上、死刑にも報復感情を満たすに足る残虐性を認めていることになる。

報復感情の慰藉のために生命を奪うという究極の身体的刑罰の必要性を認めるのなら、生命までは奪わない残虐刑や、報復感情の高さに応じたより残虐な死刑の復活も同時に訴えるのでなければおかしい。

現在でも、石打ち刑やむち打ち刑のような刑罰が存在する国がある。それらの国で、そうした刑罰の廃止論を訴えれば、現在の日本と同様に「国民感情が許さない」といった類の反対論が出てくるのだろう。

『死刑台のエレベーター』(1958年 フランス)が大好きで何度も観たのだが、考えてみればこの映画が公開された当時には、ヨーロッパでも死刑が普通に存在していたわけだ(作品の内容自体は死刑を扱ったものではないが)。

しかし現代では、身体を直接傷つけたり破壊したり、あるいはその延長線上にある生命を奪うといった刑罰は、世界的に前世紀の遺物になりつつある。

鋸引き刑や切腹といった刑罰について現代の日本人の多くが野蛮だと感じるのであれば、かつてそれらが当たり前だった時代から感覚が変化してきているということである。
日本には昔から「仇討ち」の伝統がある、報復は美徳とされてきたので死刑は廃止できない、といった主張は、こうした意識の変遷を踏まえない短絡的な議論だ。

そして現代の日本人がそれらの残虐刑を野蛮だと受け止めるのと同様の感覚で、世界的には死刑制度が野蛮だと受け止められるようになってきていると考えるべきだ。

それでもなお「報復感情を満たす」ことがすべてに優先されると考える人々は、同時に前近代的な残虐刑の復活も主張するのでなければ、単なるご都合主義に終わるだろう。
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
今回の執行は降板前にやっとこうというような感じなんでしょうか。再審請求出されてた人もいたのに、いいのかな。

ゆまりん

2017/07/16 07:45 URL 編集返信
No title
呉智英が死刑廃止・仇討ち復活論を主張したのも、被害者遺族の報復感情を理由とする死刑存続論者への批判になっていました(呉本人がどこまで本気かは不明ですが)。
確かに報復感情を理由にするなら残虐刑の復活も主張すべきで、それをしない点に存続論者の偽善があります(死刑廃止派を偽善者であるかのように罵りながら、自分ら存続派が仇討ちや残虐刑まで主張しないのなら、それは被害者遺族を利用した偽善です)。

k-k-kentaro

2017/07/16 08:09 URL 編集返信
No title
> ゆまりんさん

降板前の駆け込みに見えますね。「再審請求中は執行しない」という暗黙のルールを破った実績を作りたかったんでしょう。

Jinne Lou

2017/07/17 06:32 URL 編集返信
No title
呉の仇討ち復活論は、封建主義者としての主張の体裁を取っていますが、死刑制度の矛盾を突いたものだったと思います。

犯人を殺したいほど憎む被害者遺族の感情に寄り沿うなら、残虐刑の復活は当然の帰結だと思います。
それをしないのは、死刑制度は当然だが残虐刑はさすがに時代遅れで野蛮だろうという多数派の空気を読んだ日和見的主張ですね。

こうした死刑存置論は世界的に見れば少数派になりつつあるのに、この国では死刑廃止を訴えるほうがむしろ過激な主張をしているように見えるのはおかしなことです。

Jinne Lou

2017/07/17 06:39 URL 編集返信
No title
>内緒さん

自分はたとえ肉親を殺されても、犯人を生きたまま鋸で首を切断したりといった野蛮なことは嫌だし、それと同様のレベルで死刑にも嫌悪感しかないんですが、そういう素朴な感情から死刑反対を訴えると、「国民感情ガー!」とか「遺族の気持ちガー!」とかこれまた素朴な感情論で圧殺されるのがこの社会です。

Jinne Lou

2017/07/29 00:02 URL 編集返信
No title
>内緒さん

刑を執行する刑務官の中には、退官してからもずっとトラウマに苦しむ人もいるようです。それだけ非人間的な制度だということだと思います。

Jinne Lou

2017/08/17 04:37 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ