FC2ブログ

必要があれば必要がある

8/30(木) 毎日新聞 

「必要な時に議事録を作り、そうでない時は必ずしも作る必要はない」
「必要な場合は議事録を残し、そうでないなら残す必要はない」

これらを簡潔に言い換えると、次のようになる。

・議事録を残す必要があれば議事録を残す必要がある
・議事録を残す必要がなければ議事録を残す必要がない

そもそも必要な議事録が残されていなかった疑いに対して、こういう無意味なトートロジーを釈明として持ち出す役人らはどうかしていると思う。その基本的な非論理性について、記事では指摘がないのが物足りない。

考えてみれば、政治家や官僚がよく使う「適切に対応してまいりたい」とか「反省すべきは反省し」とかも、これに近い無意味さを含んでいる。
適切に対応することも、反省すべきは反省することも、すべて当たり前だろう。
「誤解を与えたとすれば申し訳ない」なんてのもある。
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
議事録は常に必要とおもいますが、これは普通の感覚じゃないんでしょうか、あたしが変なのかしら。選挙でも、あたしが入れる人はほぼ落ちるし……。

ゆまりん

2018/08/30 11:24 URL 編集返信
No title
要するに、彼らは「必要でない場合もある」と言いたいんでしょうね。
何が必要で何が必要でないか、個人に恣意的に判断させないためにも、全てを記録することが原則だと思います。これに関しては、そっちのほうが常識で多数派じゃないでしょうか。

Jinne Lou

2018/08/30 13:23 URL 編集返信
No title
「誤解を与えたとすれば」は大概の場合大笑いですね。多分誰も誤解してない。

ゆまりん

2018/09/01 11:15 URL 編集返信
No title
本音を露呈してしまって内心まずかったと思っているときに「あれは本心ではないんだ」とウソをつくための言葉ですが、誰も信じないのが常です。

Jinne Lou

2018/09/02 06:09 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ