FC2ブログ

「祈りの場なのに」という論理の欺瞞

2月の県民投票では辺野古移設への反対が投票者数の7割以上を占めたが、投票率は52%だった。有権者の6割以上は反対しておらず、評価は必ずしも定まっていない。


17年の衆院選では与党の得票率が48%を占めたが、投票率は54%だった。有権者の75%は安倍政権を支持しておらず、評価は必ずしも定まっていない。

移設反対の圧倒的民意が示され、「真摯に受け止める」と言った翌日も工事を続行するふざけた態度を示した最高権力者に対して、「祈りの場」だから批判を控えよとする論理は一体何なのか。
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
サンケイの記事ですからねえ。「それぞれの思い」のいいとこどりっていうか。

ゆまりん

2019/06/25 09:35 URL 編集返信
No title
県民投票の投票率のこと、まだ言って民意にケチをつけようとする人、今もいるんですね。
この論理、下にJineeさんが書いている通りそのままお返ししてもまだ言い続けるんでしょうか。

「祈りの場」を政治利用しているのは安倍のほうだと思うんですけど・・・

kiyory

2019/06/26 00:45 URL 編集返信
No title
> ゆまりんさん

「沖縄の米軍基地を縮小するといいながら、やっていることが違う」と憤る意見については「一定の理解を示す」声としてアリバイ的に紹介して済ます一方で、「亡くなられた方々に祈りをささげる場所なので、おかしい」という意見は「あきれ顔だった」と記者自身の感情を投影した表現で強調しています。
しょせん中立的な報道などあり得ないと思いますが、“中立バカ”たちはこういうのを「偏向報道」とは言わないんでしょう。

Jinne Lou

2019/06/26 01:58 URL 編集返信
No title
> kiyoryさん

政権の仕打ちに怒る人々が、最大の責任者に対して素直な感情をぶつけることが「政治利用」なんでしょうか。

「政治利用」というのは、たとえば府知事選の直前に吉本新喜劇に出演して府民のウケを取ろうとする総理にこそふさわしい言葉でしょう。

Jinne Lou

2019/06/26 01:59 URL 編集返信
No title
去年の新聞記事ではアベをにらみつけるような翁長知事の写真、今年は玉城知事は無視しているかのように一瞥もしていない写真。知事の言葉、アベの言葉、少女の詩、読み比べてアベの表面を取り繕っただけの誠意のこもらないコトバにヤジが飛んだのも然り、と思いました。全然「祈り」がこもってない祈りの場に出てくる(首相だから仕方ないとはいえ)アベが異質です。

亀井A子

2019/06/26 10:55 URL 編集返信
No title
「祈りの場」を言うなら、戦没者にも生存者に対しても最も恥ずべき行動をしながら「沖縄の皆さまの心に寄り添い」とか恥ずかしげももなくのたまう最高権力者の振舞いこそ批判されるべきでしょう。

Jinne Lou

2019/06/28 00:26 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ