FC2ブログ

少女像が「プロパガンダ」だと主張する人々へ

8/3(土) 朝日新聞デジタル

先日観た映画『主戦場』でインタビューに答えていたテキサス親父ことトニー・マラーノは、グレンデール市に設置された少女像に関して「米国では、ブサイクな女との情事の際は紙袋を相手の頭に被せろというジョークがある。像を訪れた時、私は紙袋を持参した。この醜いゴミの頭には、紙袋がお似合いだからだ」という主旨の発言をしていた。

この記事にある「少女像の頭部に紙袋をかぶせる男性」の意図も、そういうことなんだろう。この一件の根底には、度し難い女性差別もあると思っている。


「内地から来た妓はだいたい娼妓、芸妓、女給などの経歴のある20から27、8の妓が多かったのにくらべて、半島から来たものは前歴もなく、年齢も18、9の若い妓が多かった」(山田清吉『武漢兵站』/1978年 図書出版社)。


山田は当時の慰安所で慰安係長をしていた軍医の一人である。「前歴もなく」というのは遊郭などで働いていたプロではないという意味で、若くて性病を持っていない女性が求められたためだという。その多くは日本軍の意を受けた業者から「工場で働ける」などと騙されて連行されてきた貧しい農村出身の少女たちだった。未成年者を売春業に従事させたり身柄を売買したりすることは反倫理的であるだけでなく、当時の国際条約にも違反している

少女像が「プロパガンダ」だと主張する人は、上記の事実についてどう説明するのだろうか。彼女らがカネのために自ら進んで1日に何人もの兵士を相手にしていたと思うのだろうか。後世に記憶されるべき苦難を、彼女らが全く味わわなかったと主張するのだろうか。

感情論ではなく、事実関係を踏まえた論理的な説明を聞いてみたいと思う。
スポンサーサイト



コメント

コメント(9)
No title
そうですね。私も二回観に行きました。
右派の主張が醜悪、
映画でも年齢のこと触れていたと思います。

「政府は謝ってはダメなんです」と言った藤岡氏、慰安婦問題なんて馬鹿馬鹿しい。と言いながら、慰安婦関連の本は一冊も読んでいない不勉強な加瀬氏、
この映画を公平な目で見て、右派の主張に勝ち目はありません。
この方の文章も何よりの証拠、慰安婦問題にケチつける人たちは自分の不勉強を恥じるべきです。
後で転載させてください。

mimi

2019/08/05 08:30 URL 編集返信
No title
銃弾の雨の中を逃げ回る兵士には性的慰安が必要だと橋下言ってましたね。銃弾の雨に打たれてそのまま死ねばいいのにとちょっとおもいました。

ゆまりん

2019/08/05 09:51 URL 編集返信
No title
あと……たとえば『ゲルニカ』だって、意味や意図は解るけど気持ち悪い、見たくない、という人もいますよね(あたしとか)。芸術って万人に気持ちよく好意的に受け取られるものではないような。

ゆまりん

2019/08/05 10:11 URL 編集返信
No title
テキサス親父?の発言と「少女像頭に紙袋」に怒りで身体が震えます。
プロパガンダだからダメという主張している人たちの中にある根本的な女性差別観がいつも気になって、つい感情的になってしまいます。

kiyory

2019/08/06 00:23 URL 編集返信
No title
> mimiさん

反対派の論理の粗雑さと差別性が浮き彫りになった映画でした。テキサス親父のマネージャーの男が「フェミニズムを始めたのはブサイクな女性たちなんですよ」と悪びれもせずと言っていたことが、全てを物語っていると思いました。
転載ありがとうございます。

Jinne Lou

2019/08/06 06:51 URL 編集返信
No title
> ゆまりんさん

戦争自体が、男たちの勝手な論理で始められるものです。その上に「性的慰安が必要だ」という身勝手さが、橋下がどういう人間かを物語っていますね。

人の心を揺さぶるのが芸術です。誰も傷つけない表現しか許されないとしたら、人類は芸術という活動をやめねばなりません。

Jinne Lou

2019/08/06 07:00 URL 編集返信
No title
> きよりさん

女性だけがなぜ慰安婦として苦痛を強いられることになったのか、その根本を考えるべきだと思います。

最近の#MeTooや#KuToo運動でもそうですが、こうした問題に女性が声を上げると「これは女性差別の問題ではない」という人たちがいます。そういう人は、自分の中にある差別意識を感じるからこそ必死で否定したがるんでしょう。

Jinne Lou

2019/08/06 07:11 URL 編集返信
No title
お金のためと割り切って?身売りした女性だって望んで性を売っていたわけではない。ましてや工場労働等と騙されて性奴隷とされた女性のつらさはいかほどだろうか、と。兵士の慰安のために性的に搾取されるのは現代でも続いているじゃないですか。本当にオトコってやつは…と、つい思ってしまう。

亀井A子

2019/08/07 21:30 URL 編集返信
No title
戦場では男が戦い、女はその慰安のために供される。その非対称な構造は、日常でも形を変えて社会の隅々にまで行き渡っていることを考えるべきでしょう。

Jinne Lou

2019/08/08 02:15 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ