FC2ブログ

「屈折」で行こう!

産経新聞が紹介してくれたおかげで、近頃あちこちのブログで絶賛ひっぱりダコの「君が代」の替え歌“KISS ME”。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060529-00000000-san-soci&kz=soci
その作者だという鈴木香織さんのコメントをとあるメルマガで知って共感したので、以下に転載しておきます。
http://www1.jca.apc.org/anti-hinokimi/archive/matsuri/kotoba.htm
…私がこの歌を作りながら思ったのは「いつかきっと、歌うことを禁じられるような歌にしよう」ということです。
私たちの暮らしの中の、あらゆる場面から、君が代を追放したいからです。
でも、「禁じられた歌」になっても歌い続けられるようにもうひとつ、メロディーを選びました。
Can't Help Falling In Love―好きにならずにいられない―という歌のメロディーに乗せて歌いましょう。Can't Help Standing Up ―立ち上がらずにいられない―という歌にして。
この歌は LOVE SONG です。
子供たち、孫たち、生徒たち、そしてすべての愛する人たちに「国家は殺人を強いるものだ」と伝えるための歌です。
戦争が無ければ愛する人たちと暮らせた日々を、アジアや沖縄の人々から奪ったことを忘れないためにも、歌い続けられるようにと願っています。

鈴木香織

~~~~~~~~ KISS ME ~~~~~~~~~
発声は(ほぼ)そのまま、でも歌詞の意味をガラリと変えた君が代の替え歌。英語が読めないときはフリガナにそって歌ってください。

き  み が  あ よ  お  わ
kiss me, girl, and your old one
ち  よ  に い い や ち よ  に
a tip you need, it is years till you're near this
さ   ざ  で   い  し  の
sound of the dead "will she know
し わ お と な り  て
she wants all to not really take
こ  け の  む う す う  ま あ で
cold caves know moon is with whom mad and dead"

訳:
僕にキスしたら君のその古臭いジョークにも(サヨナラの)キスをしておやりよ
君に必要な忠告をあげよう 死者たちのこの声が君に届くまで何年もかかったんだよ
「国家ってのは本当に奪ってはならないものを欲しがるけど そのことに気がつく日が来るんだろうか?
冷たい洞窟だって知ってるんだ (戦争で傷つき)気が狂ったり死んでしまった人たちを お月さまはいつも見てるってことを」

註:古臭いジョーク (old one)
たとえば「南京大虐殺は無かった」とか、「鉄道や学校の建設など植民地にも良いことをしてあげた」とか「従軍慰安婦は商行為」などの嘘八百

心ならずも「君が代」を歌わざる得ない状況に置かれた人々のために この歌が心の中の抵抗を支える小さな柱となることを願って

「はた目には正しく歌っているかどうか見分けがつきにくい」と、産経の記者は苛立ちを隠しません。統一教会系で元「新しい教科書をつくる会」の高橋史朗センセイも「正面から抵抗できなくなった人たちが陰湿な形で展開する屈折した抵抗運動だろう。表向き唱和しつつ心は正反対。面従腹背だ」と大層ご立腹の様子。彼らも脅威を認めるほどに、この替え歌運動が潜在的に持つ威力が大きいことを示唆していますね。
多くのみなさんもブログでご指摘のように、こうした「陰湿」かつ「屈折した」「面従腹背」の運動がとうとう出現し始めた事実は、この国もいよいよ表現による正面からの抵抗が弾圧される時代に突入したことの裏返しに他なりません。権力が最も恐れるのは、こういう種類の運動だと思います。さらに陰湿で屈折した、タフな抵抗をジワジワと広げていきましょう。
スポンサーサイト



コメント

コメント(13)
No title
Jinneさん、すばらしいTBありがとうございます。ご紹介のサイトを辿って行ったら替え歌の歌が聞こえるURLに出会いました。http://www1.jca.apc.org/anti-hinokimi/kissme/index.html です。 なんと2000年にはもうできていたということなのでしょうか?驚きました。詳しい解説も出ています。みなさんぜひ訪ねてみてください。

gru**y_c*cli*t49

2006/06/08 07:01 URL 編集返信
No title
上手く作られたものですね。前から君が代の歌詞は気に入らなかったのですが、次は日本語で新しい歌詞を作って欲しいですね。コピーを取らせてもらいました。

凡人

2006/06/08 07:19 URL 編集返信
No title
「良心の自由には立ち入らない」という前提に立つのであれば、面従腹背でいいはずなんですけどね。

tom

2006/06/08 12:57 URL 編集返信
No title
いつか歌うことを禁じられる歌に・・・・ですか。そういう思いがあったのですね。沖縄の人についても一言添えられているところに胸が熱くなったりもして・・・。

jyo**ou42

2006/06/08 21:31 URL 編集返信
No title
>グランピーさん ご教示ありがとうございます。聴こうとしたのですが、エラーが出てアクセスできません。RealPlayer版も“Forbidden”と出てしまいます。もしや本当に禁じられたのか(笑)

Jinne Lou

2006/06/08 22:51 URL 編集返信
No title
>凡人さん どんどんコピーしてください。日本語の新しい歌詞、いいですね。自分も考えてみます。

Jinne Lou

2006/06/08 22:52 URL 編集返信
No title
>上等さん 捨石にされた沖縄の人たちにしてみれば、捨石にした側の人間を褒め称える歌を歌わされる以上の屈辱はないのではないかと察します。

Jinne Lou

2006/06/08 22:53 URL 編集返信
No title
>tomさん 全くです。100歩譲って「面従」を強いることができるとしても、「心も従え」と命じる権利は誰にもありません。

Jinne Lou

2006/06/09 02:01 URL 編集返信
No title
Jinneさん、エラーが出ると聞いてもう一度アクセスしたらなんと私もRealPlayer版も“Forbidden”と出ましたよ!今朝はちゃんと聞こえたのに。レゲエ調でなかなかだったのですよ。おかしいなあ。

gru**y_c*cli*t49

2006/06/09 02:20 URL 編集返信
No title
私も屈折していきますよ。

tou*uhy**uchi*

2006/06/09 05:31 URL 編集返信
No title
陰湿な権力に対抗するには、さらに陰湿に屈折した反撃を続けるしかありません。

Jinne Lou

2006/06/10 02:14 URL 編集返信
No title
東京都の国歌の強制は刑事事件に発展しました。其の時にこのような歌ができたことはとても勇気つけられます。転載させてください。

-

2006/06/10 20:08 URL 編集返信
No title
転載感謝。こういう歌を必要とする、不幸な社会に私たちは生きています。

Jinne Lou

2006/06/11 02:55 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ