FC2ブログ

「子が見つかるまで美容院に行くな」という理屈

山梨・女児不明から1カ月 捜索や捜査で手掛かりなし
10/21(月) 産経新聞

コメント欄では、母親の粗探しが盛んに行われている。
会見のときに化粧していただの、美容院に行っただの、友人に誘われボウリングをしていただのといったことがなじられているようだ。

子どもが行方不明になると、親は人前に出る時も化粧してはいけないし、美容院やボウリングに行ってはならないらしい。どういう理屈なのか。不可解である。

それらをやめたら、子が見つかる可能性が高まるというのだろうか。外出して心労を紛らわすことも許されないのだろうか。

この種の理解不能なバッシングは、今の日本社会に特有の現象なのではないかと思う。
とりあえず、母親の犯行であるかのような憶測を無根拠に書き込んでいる人間は、そうではなかった場合にどう責任を取るのかを示すべきだろう。
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
あー、やっぱり、
やっぱりそんなことが。
実はあたしも、あまりカメラの前に立たない方がいいのでは、叩かれるのでは、とおもっちゃってました。特に根拠はないんですけど。こういう考えは結局叩く側と同じなんでしょうか。

ゆまりん

2019/10/23 14:50 URL 編集返信
Jinne Lou
Re: あー、やっぱり、
これまでの経験上、あれを見てこういうバッシングが出てくるだろうなとは思ってましたが、そう感じることとそれを実際にすることは違うでしょう。
この社会では、困って助けを求める側はあくまでも困窮した被害者像を完璧に演じ続けないといけないようです。そこでは、生活している一人の人間であるということが無視されています。

Jinne Lou

2019/10/24 00:57 URL 編集返信
バッシング
いやな世の中だなと思います。
母親が特に叩かれますね。この前TVを見ていたら米国でも子どもを殺された母親が派手な服装をしているとか、楽しそうに笑っていたとかいうだけで犯人扱いされていたので、人が思う被害者の母親に求める「像」というは日本独特ではないかもしれませんが、ネットで無責任に匿名でバッシングするのは日本独特かも。
上のJinneさんのコメントに、そう感じることとそれを実際にすることは違うとありますが、ほんとにそう思います。

kiyory

2019/10/28 00:51 URL 編集返信
Jinne Lou
Re: バッシング
犯罪被害者や生活困窮者、遭難者、その家族など社会的に守られるべき弱者とされる側は、よほど気を付けて平身低頭していないとたちまち粗探しや揚げ足取りの餌食となります。まして彼らが一言でも社会や政治への批判を口にしようものなら、この国では居場所はありません。これは男性よりも女性に対して、あるいは大人よりも子どもに対して、マジョリティよりもマイノリティに対してより厳しく求められる掟です。

Jinne Lou

2019/10/29 01:03 URL 編集返信
弱者はかわいそうな存在であることが求められているように感じます。

ちょっと話が違うんですが、そのせいで被害者の実名報道をしなくなっているのかな?と。でも、○代女性、とかの表記にはなんだか違和感。匿名にすることで共感…(というのもおかしな単語だとは思うんですが)の感情が自分の中から確実に減ってしまう気がしています。

亀井A子

2019/11/03 19:27 URL 編集返信
実名にすることで得られるものと失われるものの両方を考えるべきでしょう。名前を知ったところで多くの第三者がそこから得られる情報は少ないですが、本人を知っている人たちには知られたくない被害者やその家族もいるでしょう。悪意ある第三者が、名前から個人情報を検索することもあります。そこをメディア側の判断だけで実名にしていいのかという議論だと思います。

Jinne Lou

2019/11/05 04:08 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ