FC2ブログ

「一つになる」が大好きな社会

安倍首相、東京五輪延期を容認 「完全実施困難なら」

3/23(月) 時事通信


結局、招致に必死だったのは政府と経済界だけで、五輪なんて最初からさほど待ち望まれてなかったんだろう。別にやらなくていいけど、やるなら観ようかという程度だったと思う。

だけど「やる」と決まれば、興味のなかった人までそれに乗っかって盛り上がろうとする。そして終わればまた無関心。

久米宏らが一貫して言い続けてきた「五輪反対」なんて少数意見は、ついこの間まで一部の非現実的な極論としてほぼ無視され続けてきた。それが今や真逆の風景だ。

感動で、私たちは一つになる」とかいう気持ち悪い東京大会スローガンが、この社会の本質をよく表している。

そういえば震災のときも、毎日にように「一つになろう」と聞かされていた気がする。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
・・・
ひとつになりたくないです。気持ち悪い。

kiyory

2020/03/23 21:39 URL 編集返信
Jinne Lou
Re: ・・・
「五輪で感動しない国民なんかいるわけがないし、いてはならない」という無言の圧力を感じますね。
今は「こんな状況で自粛しない国民なんかいてはならない」といったところでしょう。

Jinne Lou

2020/03/24 02:30 URL 編集返信
怖いのです。
日本に決まったとき政治家やアスリート、その他のヒトビトのがわあわあ喜んでたのをテレビで見て、なに、とおもいました。なにそれ、なにこれ、なにそんな嬉しいの、って感じ。そんな風に思ってた人たくさんいるとおもうんですけど、あたしもですけど、そういう人ってあまり大きな声でものを言わないというか……、だって、怖いから……。

ゆまりん

2020/03/24 09:21 URL 編集返信
Jinne Lou
Re: 怖いのです。
政治家やアスリートが喜ぶのは理由がはっきりしていますが、大して興味なさそうだった有象無象までにわかに「トーキョーニーゼロニーゼロ」とか言い出して騒ぐのは何なのかと思います。そのくせ、こういう事態になると潮が引くようにしらけたムードになる。
戦時中はお国のために死ぬことを教えていた教師が、敗戦後は何の反省もなくいきなり民主主義を説き始めたという話を思い出します。その場その場で大きな流れに乗ろうとする人々の群れが、流れに乗らない少数の人たちを無視したり排除したりするのがこの社会なんでしょう。

Jinne Lou

2020/03/24 11:20 URL 編集返信
恥ずかしいです。だって、
でも……、
あたしは怖くて口利けなくなっちゃいますけど、
戦時下でもちゃんと言いたいこと言ってた人はいたんですよね。
ゲンのお父さんとか。

ゆまりん

2020/03/26 22:13 URL 編集返信
Jinne Lou
Re: 恥ずかしいです。だって、
ゲンの父ちゃんは「こんなもので戦っても銃で攻撃されればみんな死んでしまう」と竹槍訓練を拒否して非国民扱いされますね。
安倍が「コロナに人類が打ち勝った証としてオリンピックを」みたいなことを言ってるのをみて思い出しました。

Jinne Lou

2020/03/28 05:58 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ