FC2ブログ

「天皇メモ」をめぐる議論のねじれ

<昭和天皇>靖国合祀不快感に波紋…遺族に戸惑いも

 「だからあれ以来参拝していない。それが私の心だ」。富田朝彦・元宮内庁長官が残していた靖国神社A級戦犯合祀への昭和天皇の不快感。さらに、合祀した靖国神社宮司へ「親の心子知らず」と批判を投げかけた。昭和天皇が亡くなる1年前に記されたメモには強い意思が示され、遺族らは戸惑い、昭和史研究者は驚きを隠さない。A級戦犯分祀論や、小泉純一郎首相の参拝問題にどのような影響を与えるのか(…以下略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060720-00000062-mai-soci

昭和天皇の意向とは関わりなく、国民を愚かな戦争に導いた責任者を犠牲者と同列に祀るのは理不尽です。逆にもし天皇が「A級戦犯合祀」を容認していたとしても、おかしいものはおかしい。天皇がどう考えていようが、侵略戦争推進の精神的支柱であった靖国を、首相は参拝すべきではない。同様に、たとえ天皇が合祀に否定的な考えを持っていたとしても、それを分祀推進や首相参拝反対の根拠とするのは間違っています。それは「天皇の御稜威」を認める愚行でもあります。
だから正直、今回の「天皇メモ」が、靖国をめぐる現在の状況に大きな波紋を投げかけていること自体が変だと思っています。他方で、普段から昭和天皇の「お人柄」「お心」をやたら賛美してきた側は、掌を返したように「それとこれとは別」的な態度で靖国論議への影響を否定するのに躍起です。どうにも言論状況がねじれているように思えて仕方ありません。まぁ“天皇教”を信奉する合祀派/参拝推進派/侵略否定派にとっては、強がりは言っていても内心は大ショックであることは痛いほどよく分かります(笑) こういう反応なんかはその典型例。「チョウセンヒトモドキ風情が」などという露骨で醜悪なレイシズム表現まで持ち出していて、うろたえぶりがよく伝わってきますね。
結果として彼らがトーンダウンを余儀なくされるのであれば、分祀派/参拝反対派にとって戦略上は好ましい傾向だとは思いますが。
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
会見で戦争責任を問われて「そういう文学方面は研究しておりませんので…」、原爆投下の感想を聞かれて「被害者には気の毒ですが、戦争中のことですので、まあ致し方ないことだと思っております」などの発言には、天皇の「お人柄」を持ち上げる輩は絶対に触れませんね。

Jinne Lou

2006/07/22 14:44 URL 編集返信
No title
そろそろ、日本人自身が、戦争責任について、はっきりと論議すべき時期が来たような気がします。この論議を我々がしない限り、日本の戦争は終了しません。明治以降の歴史をキチンと検証すべきだと考えます。西洋の眼鏡でなく日本の眼鏡で見ることも大事です。靖国もその中で明確にすべきです。靖国は日本の伝統ではありません。そこをはっきりさせる事も大事です。

-

2006/07/22 15:15 URL 編集返信
No title
「天皇の発言ごときに、なんでみんなここまで右往左往」そうですよね、鬼の首とったみたいに嬉々としたり、逆に首根っこ押さえられたみたいにシュンとしたりするのは変。Tockaさんも上で言ってますが昭和天皇の、自分自身を外に置いているような感覚には納得できない。ところがテレビなど一般の反応は天皇の株がさらに上昇するような発言ばかり。変だよねえ。

gru**y_c*cli*t49

2006/07/23 09:08 URL 編集返信
No title
靖国擁護派はそうとう頭に来ているようですが。秩父さんのおっしゃるとおり天皇の戦争責任について考える必要があります。なぜか天皇の他人事のような「発言」には違和感を覚えます。

baz*tou*uu*970

2006/07/23 10:43 URL 編集返信
No title
天皇の戦争責任については、先日の朝日が見開きの特集を組んでいましたね。突っ込み方はまだまだですが。読売も先の大戦を総括する特集を昨年からやっています。機運が出てきたのなら歓迎すべきことでしょう。

Jinne Lou

2006/07/24 00:43 URL 編集返信
No title
この件について私も記事を書きました。トラバさせていただきます。

sta*sto*y60

2006/07/24 10:19 URL 編集返信
No title
転載させていただきます。

yfq**494

2006/07/24 11:14 URL 編集返信
No title
お二人ともありがとうございます。

Jinne Lou

2006/07/24 23:07 URL 編集返信
No title
はじめまして。ボクも昭和天皇のメモなどがどうしてこれほど議論を呼ぶのか分かりません。靖国は戦争責任を対外的にどう示すかという問題と,戦争で死んだ人たちに対して我々がどういう態度を取るかという問題であって,天皇が何と言おうと,それとは別次元の問題だと思いますね。

-

2006/07/25 01:13 URL 編集返信
No title
その通りです。もし仮に天皇が「A級戦犯の名誉を守れ」などと発言していても、我々はそれを尊重せねばならないんでしょうか。断じて否です。

Jinne Lou

2006/07/25 01:18 URL 編集返信
No title
ご無沙汰しています。いつも、論理的な鋭い指摘、楽しみに拝読しています。さて、本記事にトラバいたしましたところ、コメントを頂きました。その御返事を。

lon*_*ucc*ssi*n

2006/07/25 22:38 URL 編集返信
No title
私は、戦前戦後とも、天皇陛下に決断する権限があったとは考えておりません。まず戦後についてですが、天皇陛下が公にする発言や和歌などなど全ては、宮内庁の推敲を受けている事は、良く知られております。

lon*_*ucc*ssi*n

2006/07/25 22:42 URL 編集返信
No title
従って、戦後、戦争について昭和天皇が語った内容が、真に昭和天皇の心であったのか、あるいは宮内庁の推敲を経た結果なのかは、誰にも判断することができませんし、昭和天皇が責任逃れをしていたのかどうかも判断することはできないと考えます。

lon*_*ucc*ssi*n

2006/07/25 22:44 URL 編集返信
No title
戦前については、昭和天皇は、軍部からは連戦連敗の報を聞いておらず、側近を通して知っていたという記録があります。つまり昭和天皇の政治への関与は、その程度だったということでしょう。敗戦の責任は、昭和天皇ではなく軍部にあると考えています。

lon*_*ucc*ssi*n

2006/07/25 22:51 URL 編集返信
No title
昭和天皇が靖国参拝をしなくなった理由が、A級戦犯合祀が直接の原因なのか、または当時の三木首相の靖国参拝が外交問題化したことに天皇が配慮したからなのかは明確でなかったことで救われていた「靖国国家護持」推進派(彼らの精神的支柱の一つは天皇の存在)の足下が危うくなったということは言えるのかかな・・・と思ったりします。

cup*uc*in*07

2006/07/25 23:05 URL 編集返信
No title
>at my own paceさん 内閣の輔弼を受ける立場にあった天皇の権限は事実上制限されていたし、開戦に当たっては軍部の独走がその後の惨禍を招いたことは事実。その点で軍部の責任はもちろん重大です。しかし終戦を遅らせた道義的責任は、天皇といえども免れません。

Jinne Lou

2006/07/26 00:59 URL 編集返信
No title
敗色濃厚だった1945年1月にはすでにポツダム宣言受け入れへの下地が整っていて、翌月には近衛首相が戦争の早期終結を上奏したのに対し天皇は「もう一度戦果を挙げてからでないと話は中々難しいと思う」と拒否。これが最高戦争指導会議の決定を束縛し、結果としてポツダム宣言を「黙殺」。その後の大空襲、沖縄戦、広島・長崎の悲劇、ソ連参戦によるシベリア抑留etc.につながっています。これは一例ですが、輔弼により実質的権限を剥奪されていたとはいえ、絶対主義的天皇制下での自らの影響力に自覚がなかったはずがありません。

Jinne Lou

2006/07/26 01:00 URL 編集返信
No title
>かぷちーのさん 政治的意図見え見えの「天皇陛下のご親拝」を声高に主張していた麻生太郎なんか、メモが出てきたとたん「政治的に利用される恐れがある」なんてだんまりを決め込んでますからね。彼らの目論んでいた「ご親拝」シナリオは崩れ去ったということでしょう。

Jinne Lou

2006/07/26 01:08 URL 編集返信
No title
at my own paceさんのコメントに対するJinne Louさんの答え、私も全くその通りだと考えています。そして、戦後も、昭和天皇自身進んで、政治的言動を繰り返していたこと・・。

どんぐり

2006/08/06 11:48 URL 編集返信
No title
戦前・戦中はおろか戦後も、天皇は本人の意思とは関係なく極めて政治的な存在であり続けましたからね。靖国への「ご親拝」を熱望する手合いが絶えないのも、その証拠でしょう。

Jinne Lou

2006/08/07 00:56 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ