FC2ブログ

MONEY JUNGLE / DUKE ELLINGTON

イメージ 1

デューク・エリントンの豪快なピアノが堪能できる一枚。いや、エリントンだけじゃない。チャールス・ミンガスの転げ落ちる岩のようなベース、マックス・ローチの正確無比なドラムスも凄い。まさに「ジャズ・ジャイアンツ」の名にふさわしい3人がバチバチと化学反応を起こしてできた、一期一会の奇跡みたいな作品と言っていいでしょう。

エリントンの音楽はいつだって最高。楽団黎明期のコットンクラブ出演時代から、快進撃の30年代、ビリー・ストレイホーンを得て絶好調の40年代、脂の乗り切った50年代、壮大な組曲や実験的音楽にも意欲的に取り組んだ晩年までどこを切っても、それは時代を超越した「エリントンの音楽」とでも呼ぶしかないものです。

そんな彼のピアニストとしての一面に光を当てたのが、1962年のこの作品。それにしても、すごい顔合わせです。エリントンが水戸黄門なら、ローチ、ミンガスは助さん格さん? いや、そんなもんじゃあない。当時、黒人差別に怒りを表明するジャズ作品をそれぞれに発表していたローチとミンガス。彼らが尊敬してやまないジャズ界の大親分、エリントンとがっぷり四つに組んで遠慮会釈なしにブチかましてるんだから、つまらない作品になるわけがありません。怒れる三人の巨人たちが、“音”によるガチンコの取っ組み合いを繰り広げています。

「オーケストラが私の楽器」という名言を残したエリントン。だけどこれを聴くと、彼の一種独特のピアノ奏法も、自らの音楽と不可分一体に思えてくる。何か黒い塊を鍵盤に叩きつけるような演奏、とでも言えばいいのか。小手先の小ぎれいな技など一切眼中にない、ぶっきらぼうとも思えるその強靭な奏法。一聴シンプルで親しみやすいメロディーの中に、得体の知れない“黒い美”とでもでも呼ぶべき本質を秘めた彼の作品群を思わせます。たとえば「A列車で行こう」(作曲はストレイホーンだが)や「キャラバン」(ファン・ティゾールとの合作?)なんかは、今ではジャズファンならずとも誰もが耳にしたことのある大スタンダード。それだけに表面的な楽しさだけをなぞった軟弱な演奏は多い。それも作品の重要な一側面ではあるけれど。しかしここでの〈キャラバン〉の強烈な演奏を初めて聴いて衝撃を受けない人は、ジャズなんか聴かないほうがいいんじゃないか。「そうか、これが『キャラバン』なんだ!」そう叫びたくなるほど、この曲の冷厳な本質を明らかにする演奏です。どうか、隣近所が留守のときに思い切りボリュームを上げて聴いていただきたい。導入部でのミンガスとローチの短いかけあいの間から突如として現れる、「ガーン!」という轟音。大親分が叩きつける不協和音の鉄槌が、五臓六腑を直撃すること請け合いです。

エリントン音楽とフリー・ジャズとの通底をも感じさせる〈マネー・ジャングル〉の前衛ぶりには、全ての「ジャズ」と称される音楽を貫く一本の糸を見る思い。〈ソリチュード〉みたいなバラードにしても、甘く感傷的なスタンダード解釈の一切を拒絶するがごとき、冷徹で重厚な“黒い美”をたたえた演奏。ジャズは黒人の音楽です。

難を言えば、ドラムスの音がやや遠く聴こえる点か。次回マスタリング時には改善を望む。

ガツン!度  ★★★★★
無礼講度   ★★★★☆
一期一会度  ★★★★★

スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
あまりにも一般的ですが、デュークの「A列車でいこう」「キャラバン」は レコードが擦り切れるくらい聞きました(笑)、というのは若いときにはこの楽譜がなくて、耳で聞き取るしかない、とくに「A列車」5/4拍子で苦労した思いでがあります。

baz*tou*uu*970

2006/10/04 09:16 URL 編集返信
No title
へぇ、乱麻さんは何か楽器をなさってたんですか。「A列車」に5拍子のところってありましたっけ? 4拍子だと思ってましたが…。変則アレンジかな。

Jinne Lou

2006/10/04 23:42 URL 編集返信
No title
エリントンてのはスゴイピアニストですね。歌心があるし。ただのスイングだけじゃない。それにしてもこのトリオはすごいね。どの人もリーダー格。

tou*uhy**uchi*

2006/10/06 23:32 URL 編集返信
No title
コンポーザーやバンドリーダーとしての業績が偉大すぎて、ピアニストとしてはあまり認知されてませんね。エリントン楽団とベイシー楽団が共演した「ザ・ファースト・タイム」なんてアルバムがあるけど、そこでの2人のピアノがあまりに対照的すぎて面白い。豪快に鍵盤を叩きつけるエリントンに対して、ベイシーはちょこまかとしててユーモラス。

Jinne Lou

2006/10/07 01:57 URL 編集返信
No title
エリントンとトレーンのアルバムが好きだな。

tou*uhy**uchi*

2006/10/08 23:12 URL 編集返信
No title
あれもいいですね。〈In a Sentimental Mood〉が最高。というか、それしか聴かないけど。

Jinne Lou

2006/10/09 01:27 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ