FC2ブログ

「核抑止」幻想に踊らされるバカ、踊るバカ

このところ、やたら「核武装」論議が元気がいい。





「読売」によれば、核武装論議を避けるのは「感情的な核アレルギー」だとのこと。
これが仮に百歩譲って「感情的な核アレルギー」だとして、それは間違ったことなのか。むしろ健全な感情として、私はこの国の誇りに思います。
大国同士が「現実的な対応」(読売)とやらを重ね、核武装のチキンレースを競ってきた結果としての、核の恐怖に支配される現代世界の姿について「読売」はどう考えるのか。日本の核武装を視野に入れて冷徹に議論できるような人間が、私には恐ろしい。何かが麻痺しているとしか思えません。
北朝鮮の核保有に対抗して「わが国も核保有の検討を」などとのたまう輩には、北朝鮮を批判する資格は全くないと考えます。こうした議論が許されるなら、アメリカの核の脅威に対抗して新たに核を配備するとの北朝鮮の言い分も、同様に許されなければなりません。


それはさておき、常々疑問に思うのが「核抑止」なるものが本当に存在するのか、あるいはどうして存在できるのか、ということ。
結論から言えば「それを主張する人間が、自分も含めて人間がバカだということを信じているから」ということになります。

順を追って説明しましょう。

核抑止論を支える原理が、「相互確証破壊」ってやつです。相手が核ミサイルを撃てば、こちらも必ず撃って相手国を完膚なきまでに破壊する。それを両国が信じているからこそ、お互いに核兵器の使用を思いとどまる、というもの。「核があることで攻められる可能性が低くなる、やればやり返すという論理はあり得る。当然、議論があってもいい」(中川昭一自民党政調会長)てな感じで、けっこうノーテンキに信じられています。

なるほど、たしかに「まだ何も起こっていない段階では」それも成り立つように思われます。
しかし、ひとたび実際にどちらかの国が発射してしまったらどうでしょうか。わが国に向けてすでに、撃墜不可能なほど大量の核ミサイルが飛来しつつある。この段階で、国家滅亡(少なくとも国家の運営上致命的な人的・経済的被害)はどうあがいても不可避と言っていいでしょう。このうえ、報復措置として核ミサイルを発射することに、何か意味があるでしょうか。そうすれば核抑止どころか、世界規模の核戦争に発展して人類滅亡すら招きかねません。それよりは、たとえ自国は滅びても、少しでも人類の破局を避けるために報復を思いとどまる選択のほうが理性的で賢明と言えるでしょう。

こう考えると「撃ったもん勝ち」ということになって、相互確証破壊など成り立たないはず。それでももし核保有国の指導者が核抑止を信じて撃たずにいるとすれば、彼らの論理を突き詰めるとたぶんこういうことです。
「理性的に考えれば、たとえ撃たれても撃ち返さないほうが賢明だ。しかし相手はバカだから、それが分からずに撃ち返してくるかもしれない。だから、こちらから発射するにはリスクが大きすぎる」と。しかも同時に「相手も同じように信じているだろう」と信じるわけです。つまり「オレはバカだから、攻撃されたらやり返すかもしれないぞ。だからそっちも撃つなよ」という言い分を相互が信じることで、初めて核抑止が成り立つ。人間がバカであることを前提としたシステムなわけです。(お互い協力するのが得か、裏切るのか得か、という問題の構造は、囚人のジレンマと同じ) しかし、多国間でこうした同じ前提を常に共有でき、均衡が保てる保証は皆無。たとえ核戦力が同等でもこうした均衡はいつでも破られうるし、核抑止論は虚構である疑いが濃厚だとみています。

「核武装の論議を」という主張はつまり、無事に終わる保証のないチキンレースに参加するかどうかを検討しよう、ということ。自国の防衛という部分最適に固執するあまり、人類の存続という全体最適をないがしろにする愚行にすぎません。それでも検討したきゃ勝手にすればいいが、初めから検討に値しない議論です。
「国家の武装を通じて安全保障を達成し得るという信念は、軍事技術の現段階では、人類全体を破滅に導く幻想にすぎない」(アルベルト・アインシュタイン)
「私たちは、どちらの集団をより好むにせよ、その集団に軍事上の勝利を与えるためにどんな処置がとられうるかを考えてはならない。私たちが考えなくてはならないのは、そんな処置をとればすべての側に悲惨な結末をもたらすに違いない軍事的な争いを防止できるかという問題である」
「およそ将来の世界戦争においては必ず核兵器が使用されるであろうし、そしてそのような兵器が人類の存続を脅かしているという事実から見て、私たちは世界の諸政府に、彼らの目的が世界戦争によっては促進されないことを自覚し、このことを公然と認めるよう勧告する。私たちは彼らに、彼らの間のあらゆる紛争問題の解決のための平和的な手段を見出すよう勧告する」
(「ラッセル・アインシュタイン宣言」(1955)より)
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
TOCKAさんのブログから、この記事転載させてもらいました。こちらから転載すべきでしたね。済みませんでした。ところで、安倍と中川は打ち合わせして、役割分担を決めて発言しているのでしょう。これからも、この役割分担で改憲まで持っていくつもりではないでしょうか。

icbm

2006/10/17 10:18 URL 編集返信
No title
問題は、発足したばかりの安倍内閣の最大与党・自民党の政策責任者の発言であって、安倍氏自身が、首相になる以前に同趣旨の発言をしたことがある点です。あわてて、「非核三原則が政府の立場」と取りつくろって見せても、「衣の下によろい(=本音)が見えた」ということですね。転載します。

yfq**494

2006/10/17 18:51 URL 編集返信
No title
核抑止論が虚構であるのはたしかです。で、問題は豆腐百珍さんのおっしゃる「絶対平和」が「安心して暮らせる」平和なのかどうかという点です。核抑止論が当てにならないとしても、このような状況の中で日本が核を持たずに安全を保障されることはないだろう。それをどういう立脚点に立って受け入れていくか。

sta*sto*y60

2006/10/18 00:07 URL 編集返信
No title
。「人類全体が滅びるより一国の滅亡を」は一つの回答です。ある意味、そういう突き抜けた視点に立てないかぎり、このジレンマを克服することはできないのではないか。「自分は死にたくない」という一点では戦争への加担をやめられないのと似ています。で、そこまで言うのはさすがにタブーだし、受け入れられないでしょうね。反核はどういう言論でこの流れに対抗していかなくてはならないのでしょうか。

sta*sto*y60

2006/10/18 00:07 URL 編集返信
No title
転載のお二人、感謝します。>starさん 難しい問題に見えても結局は、核に核で対抗するという各国にとっての「部分最適」が積み重なると、全体としては核戦争の危険が増すという合成の誤謬に陥る単純な話です。各国の指導者が目先の危機感に惑わされずに、そのこをと理性的に受け入れるかどうかの問題。核さえ持たなければあらゆる平和的な選択が可能なのに、いったん持てば後戻り不能の自縄自縛があるのみです。

Jinne Lou

2006/10/18 01:08 URL 編集返信
No title
核兵器で重武装しても、逆に非武装でもリスクはあると思います。危険なのは脅威と見なされたり、今のように憎悪を浴びる事です。重武装したら脅威と見なされ正面からの攻撃は防げても、実行者が不明な攻撃をされるリスクは高まります。憎悪されれば、憎悪を利用して攻撃されるリスクが高まります。どちらが安全かと言えば、一方的軍縮を進め非武装を目指す方が安全。ただし、大々的な世界レベルでの大宣伝を行い一方的軍縮を進める日本のような国を武力で脅したり、侵略するのは悪だという世界世論を形成することが不可欠です。

icbm

2006/10/18 01:49 URL 編集返信
No title
更に、各国内部に一方的軍縮を進める日本を擁護する組織(9条擁護の会とか)を創ること。この組織に政治的活動で日本を防衛してもらい、また非武装になると情報が一層大切になるので、情報機関的な役割も担ってもらえばよいと思います。現代戦には大義が必要ですから、スイスのような国を攻撃しようとしても、やはり国民に説明しにくいはずで、全ての施設をオープンにして疑いを掛けられないようにし、国民が団結していれば傀儡政権での統治の見とうしがたたず、侵略を防げます。

icbm

2006/10/18 02:34 URL 編集返信
No title
転載します。

baz*tou*uu*970

2006/10/18 08:12 URL 編集返信
No title
今度はノータリン・アソーがアホな発言しましたね。エライ内閣です。

tou*uhy**uchi*

2006/10/18 22:43 URL 編集返信
No title
>icbm2629さん たしかに、どこかの国が率先して「一方的軍縮を進める」という“無謀”なことをしない限り、チキンレースは終わらないでしょうね。憲法9条の急進性もそこにあるわけですが、これを改憲して「普通の国」になることは、日本からは絶対にレースを降りないと宣言するに等しい。人類がせっかく得たチャンスを放り出す愚です。

Jinne Lou

2006/10/19 01:44 URL 編集返信
No title
>乱麻さん ありがとうございます。

Jinne Lou

2006/10/19 01:45 URL 編集返信
No title
>百珍さん また麻生…あっそう、ってな感じですね。

Jinne Lou

2006/10/19 01:47 URL 編集返信
No title
日本が核武装することはまずないでしょう。しかし国民の中でそう考える人が出てくるのなら、どうしてそうなるのかを考えなければなりません。それが違うと思うなら冷静に分析して反論したいものです。相手の発言にも謙虚に聞く姿勢も大事です。感情的になって自分が正しくて相手がバカとか言ってるだけでは、戦争になるだけです。ブログでさえも、異なる意見が書かれたとき、冷静になれない感情的反発が起こりますが、自らの身の回りから現実を考えてみてはどうでしょうか。

ptr*g*e

2006/10/25 13:37 URL 編集返信
No title

Jinne Lou

2006/10/25 23:49 URL 編集返信
No title
中国の核ミサイルは真っ直ぐに日本へ向けてセットされています!

それから

核を持たないことの外交上の ディスアドバンテージ等について

皆さんはどうお考えなのでしょうか?

-

2007/08/05 04:58 URL 編集返信
No title
ではkonagoldaさんは、核を持つことによる地域安全保障上のディスアドバンテージ等についてどうお考えなんでしょうか。

Jinne Lou

2007/08/07 00:41 URL 編集返信
No title
ご主張ごもっともです。
第二次安倍内閣が成立した現今でも貴殿の主張は輝いています。

そふぃあ のブログ

2013/02/09 06:31 URL 編集返信
No title
>このうえ、報復措置として核ミサイルを発射することに、何か意味があるでしょうか。

そんな事を考える前に反撃のミサイルが飛ぶ。
パラドックスのからくりとしても成り立たない。

re**u*g*2*0l

2013/02/09 12:17 URL 編集返信
No title
いや、輝いてるとまで言われると困ってしまいますが(笑)

Jinne Lou

2013/02/10 02:10 URL 編集返信
No title
>いや、輝いてるとまで言われると困ってしまいますが(笑)

困ってしまいますが(笑)
こんなディスアドバンテージもはっきり答えられない酔っ払いの戯言でか?
ハム記者は財布も脳みそもお軽くて幸せですなぁ。

re**u*g*2*0l

2013/02/10 12:35 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ