FC2ブログ

さもしき「国民の精神」押し付けに「イラネー」の合唱を

「憲法第9条は平和に貢献」78% 朝日新聞世論調査

 3日で施行60年を迎える日本国憲法。朝日新聞社の全国世論調査(電話)で、憲法第9条が日本の平和に「役立ってきた」と評価する人が78%を占めた。憲法改正が「必要」と思う人は58%にのぼるが、改正が必要な理由を聞くと「新しい権利や制度を盛り込む」が8割に達する。自衛隊を「自衛軍に変えるべきだ」は18%にとどまり、自民党がめざしている改憲の方向と民意との開きが目につく。安倍政権のもとでの憲法改正に「賛成」は40%、「反対」は42%で二分された (略) 憲法改正が「必要」と答えた人に、その理由を三つの選択肢から選んでもらうと、84%の人が「新しい権利や制度を盛り込む」を挙げた。「自分たちの手で新しい憲法を作りたい」は7%、「9条に問題がある」は6%で、改正の理由としては少ない。占領下で作られたという制定過程を問題にしたり、9条改正を強調したりする自民党の改憲論と、国民の意識の違いが目立つ / 憲法改正が「必要ない」理由では、「9条が変えられる恐れがある」が39%で最も多く、次いで「国民に定着」33%、「自由と権利を保障」25%。改憲が必要と思う人とは対照的に、9条を強く意識する人が多い / 安倍政権のもとでの改憲について、「賛成」はすべての年代で3割台から4割台だった。憲法改正が「必要」という人では59%が安倍政権の改憲に「賛成」だが、「反対」も29%あった(以下略)

http://www.asahi.com/politics/update/0501/TKY200705010415.html

以下の2つでも、同様の傾向が示されています。
憲法「改正」賛成46%、3年連続で減少…読売調査
<憲法改正>改憲賛成51%、反対19% 毎日世論調査

憲法9条に対するさまざまな立場をつきつめれば、最終的には「どれが正しい」というよりも、〈平和〉に対する根源的な態度の違いに行き着くのではないかと思います。すなわち、次のような。

A.戦いが止むことのない人類の歴史の中で、軍備によって我々の〈平和〉を束の間守る無難な方法が好き。軍備をこっちが先に手放すなんて危ないし損だからイヤだ。
B.いつまでも「一部の人の〈平和〉」だけを束の間守るなんてのはイヤだ。軍備を持たずに周囲と接したほうが、より安定的な〈平和〉が期待できる。戦争そのものをなくせるかもしれないし、その可能性を探るほうが好きだ。

理屈はさておき私が思うのは、戦争放棄の手段として「戦力不保持」を明記した世界で最も急進的な現行憲法を奇跡的に手にしながら、今さらひっこめて、ありきたりで、つまらない、どこにでもある、「普通の」憲法に戻してもらいたくない、ということ。
つまらないではないですか。「軍備によって平和を守る」なんて当たり前でラクチンな考え方はそろそろやめて、それとは反対の困難な道を歩む方法をみんなで考えていくことはできないのか。

ともあれ、改憲派が過半数にもかかわらず「安倍政権のもとでの改憲について、『賛成』はすべての年代で3割台から4割台」と低率にとどまっているのを見ると、国民はわりといいセンスしていると思います。読売調査の「9条のうち、戦争放棄をうたった第1項については、改正の必要が『ない』が80%に達した。『ある』は14%だった。戦力不保持をうたった第2項は、改正の必要が『ない』が54%、『ある』が38%だった」、朝日調査の「『自分たちの手で新しい憲法を作りたい』は7%、『9条に問題がある』は6%で、改正の理由としては少ない」という結果も同様。

安倍総理の言う「いまの憲法は占領時代にGHQの素人が短期間で書き上げ、日本に押し付けた」「戦後レジームからの脱却のために改憲を」「国の基本法である憲法を、国民自らの手で白地から書くという決意と精神によって、この国に改革の気概がみなぎってくる。そうすることで精神的に占領を終わらせることになる」なんて情緒的改憲論は、国民の間ではほとんど共感を得られていないことが伺えます。
こういう分を弁えぬタワゴトを言いたがる権力によって安易に改定されることがないよう、憲法改定へのハードルは高くなっているわけで、まさに先見の明。こんな政府のもとで改憲論議なんかやらせてたら、どんなひどいのが出てくるか分かったもんじゃありませんぜ。

国民の「精神」やら「気概」やらに手をつっこみたがるさもしい政府ゆえ、言うことやること、ことごとくくだらないです。
教育再生会議 噴飯モノの「親学11の提言」
そのうち「健全な国民の生活は早寝早起きから」「朝食にはパンではなくご飯を」「お父さんお母さんを大切にしよう!」なんて“提言”も出てきかねませんな。

今こそ叫ぼう。

       『国民の精神』なんかイラネー!

スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
shionさんはじめまして。現在の改憲論だって、国民の間から湧き起こってきたていうよりは、権力がが上から国民に押し付けようって構図。それも、多分に米国の意向を忖度したものですからね。「米国の押し付け」を言う連中が、米国の都合に合わせて改定しようとする図は滑稽です。

Jinne Lou

2007/05/04 00:27 URL 編集返信
No title
安倍政権の人たちが「改憲して国民主体の憲法を」とか「初めて国民が憲法を取り戻す」とか言うのを聞くと、この人たちはそこまで国民を馬鹿にしてだましているのか、それともほんとにそう思って自己陶酔してるのかって、空恐ろしくなります。そういう人たちから「国民の精神」なんて突きつけられたくない!! イラネーイラネー!

gru**y_c*cli*t49

2007/05/04 01:01 URL 編集返信
No title
「9条の会」などの運動は成功してると思いますね。早くから9条改悪阻止の1点で、一致できたからだと思います。現政権もそれを分かっていて、自民党改憲案策定→国民投票法案強行採決→国会に憲法審議会設置→マスコミを動員した改憲運動という戦略でしょう。もちろん、米国の意向に沿いながらです。

TOCKA

2007/05/05 04:06 URL 編集返信
No title
自民党がここまで強行に改憲に走るのは、このままいけると読んだからだと思います。まだ無理と足を止めさせるようなきっちりとした反対の動きが必要です。みんなで地道に訴えなければいけないでしょう。日本人の親方日の丸体質、長い物には巻かれろ体質を何としても改めなくてはと思います。

いわれひこ

2007/05/05 16:40 URL 編集返信
No title
9条の会ねぇ? 趣旨はともかく呼びかけ人が最悪。ソ連のスパイに人権無視ノーベル賞、DV性癖が直らないサイテー男。ふさわしくない御仁ばかり。 で、とりあえず記事中のB案にふさわしい成語がありますので贈ります。「百年河清を待つ」 黄河の水が澄むころには、中国も軍国主義を放棄して、日本に倣って9条を採用するでしょうな。

shenggang_qibing

2007/05/06 10:18 URL 編集返信
No title
いくら朝日新聞等の世論調査結果が希望の持てるものであったとしても、それは「敢えて質問されたから。」に過ぎません。単に模範的な答えを言う国民が多くを占めたからかもしれないのです。そもそも「新しい権利や制度を盛り込む」ため「改憲が必要」と答えること自体、すでに改憲派の術中にはまってしまっていると感じます。 また例え上記のことが見当違いであったとしても、いざ国民投票となったら、投票率は大変低くなることでしょう・・・。

バシレイオス2世

2007/05/06 12:53 URL 編集返信
No title
>グランピーさん 権力の放縦に国民が縛りとして定めるのが憲法ですが、それを縛りを解こうと改憲したがっているのは権力側。そのおかしさを覆い隠そうとして、彼らが持ち出すのが「国民の~」というタテマエなんでしょう。

Jinne Lou

2007/05/07 01:23 URL 編集返信
No title
TOCKAさんも言うとおり政府は「9条の会」を意識して、改憲もどうにかして「国民的運動」に仕立てたいようですが、今のところ国民の側からそこまでの改憲熱は沸きあがってきそうもありませんね。各社の世論調査を見ても、改憲を熱望しているのは一部の層にすぎないことがうかがえます。それに比べて、護憲勢力の組織化という面では先んじています。改憲に打ち勝つ勝機もそこにあるのでは。いわれひこさんの言うのとは逆に、政府には「まだ無理」と足止めさせず、「そろそろ行ける」と油断させて拙速に国民投票をやらせるのも一計です。

Jinne Lou

2007/05/07 01:24 URL 編集返信
No title
>shenさん 奴隷制度の撤廃も、普通選挙の実施も、天然痘の撲滅も、かつては「百年河清を待つ」ようなものだったでしょうね。私は百年河清をただぼーっと待てば平和になるとはちっとも思ってませんよ。やることはいくらでもある。9条は平和への「攻めの一手」です。

Jinne Lou

2007/05/07 01:24 URL 編集返信
No title
>バシレイオスさん 「敢えて質問されれば」9条改憲には反対、それ以外の権利なら、入れないよりは入れたほうがマシかな――そう考える国民が多いということを調査は示しています。言うことは分かりますが、この事実は(9条)護憲派にとっては希望の持てる結果であり、改憲派にとっては不安な結果であることは確かではないですか。要するに改憲派の思い入れとは裏腹に、改憲への国民的な意識はほとんど高まっていないということです。

Jinne Lou

2007/05/07 01:24 URL 編集返信
No title
ごまめの歯ぎしりって知ってます?

-

2007/05/07 09:43 URL 編集返信
No title
知ってますよ。あなたがいつもしてるやつでしょ。

Jinne Lou

2007/05/07 23:43 URL 編集返信
No title
Jinne Louさんに座布団10枚!!。

-

2007/05/08 22:35 URL 編集返信
No title
どうも。上でスベったコメントしてる人にも1枚あげてください。

Jinne Lou

2007/05/09 00:20 URL 編集返信
No title
いやー、すでに「健康増進法」第2条で「国民は、健康な生活習慣の重要性に対する関心と理解を深め、生涯にわたって、自らの健康状態を自覚するとともに、健康の増進に努めなければならない」と規定されてますからねぇ。夜更かし、飲みすぎ、徹夜マージャン・・・なんかは、健康増進法第2条違反なんていわれかねない状況ですよ。

tom

2007/05/09 09:56 URL 編集返信
No title
そうですね。そういえば「食育基本法」なんていう大きなお世話な法律もできました。

Jinne Lou

2007/05/09 10:25 URL 編集返信
No title
9条を後回しにしようというところが、アベシンゾーの小汚さを表してますね。食育基本法なんていう法律作る暇があったら美味しんぼ読んどけっての!(`Д´)

閉店ガラガラ~

2007/05/09 23:28 URL 編集返信
No title
そうだ。食育やら道徳やら教育しようなんぞおこがましい。『美味しんぼ』を教科書にしたほうがよほど勉強になります。毎回何でも食べ物で解決する山岡の強引さとか。

Jinne Lou

2007/05/10 01:00 URL 編集返信
No title
たか某さんもjinneさんも「美味しんぼ」の隠れファンでしたか!私も「『美味しんぼ』を教科書に採用せよ!」というお二人の意見に賛成です。ところで山岡夫妻は結婚後も周りの人々から「山岡」「栗田さん」と呼ばれていますが・・・ひょっとして二人は夫婦別姓の信念を貫くため、未だ内縁関係にあるのでしょうか?

バシレイオス2世

2007/05/14 21:38 URL 編集返信
No title
たしか山岡らは結婚して籍を入れていたと思いますが、職場などでは旧姓のほうが便利なので通称として使っているようです。

Jinne Lou

2007/05/14 23:59 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ