FC2ブログ

JAZZ&STANDARDS / 美空ひばり

イメージ 1

引き続き不人気なジャズの話題で恐縮ですが、これはやはり紹介したい。
以前から気にはなっていたのだけど、中古屋で見かけるとやたら高いので敬遠していました。
ただネットで探すと、普通に¥2,500で売っているようですが。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/64382
CDは90年の発売だから、とっくに廃盤で在庫切れかと思っていたら、そうでもないらしい。
何気なく覗いた新宿ディスクユニオン・ジャズ館で、¥1,480の値が付いているのを発見。これはお買い得。即買いです。

「美空ひばりのジャズは良い」という評判は以前から聞いていたものの、実際に聴いてみて、初めて深く納得。これは…いい!
録音時期はいくつかに分かれていて、〈上海〉〈アゲイン〉〈A列車で行こう〉〈ばら色の人生〉などは16歳当時の録音(!)とのこと。〈リンゴ追分〉大ヒットの翌年です。先に歌を聴いてからこの事実を知って、驚愕。
〈A列車〉はエリントン楽団のベティ・ローシェの歌唱を下敷きにしていると思われるものの、スキャットも含めてもう完全に自分のスタイルを確立してる。そのまま〈お祭りマンボ〉を歌いだしても違和感がない。〈上海〉もドリス・デイの向こうを張る快唱。
しかも驚きなのは、彼女は英語が全く喋れないということ。にもかかわらず、ここまで完璧に堂に入った英語詞歌唱ができるもんなのか。

さらに、日本語詞の曲も面白い。〈ダニー・ボーイ〉〈ラブ・レター〉〈虹の彼方に〉〈クライ・ミー・ア・リヴァー〉の日本語バージョンなんて初めて聴いたけど、聴きなれたメロディーに日本語が乗ると新鮮です。原詞に忠実な〈ラブ・レター〉、独自の内容にアレンジされた〈虹の彼方に〉など、同じ作詞家(水島哲)でも詞の付け方にはやや異なる点も。

藤浦洸作詞の〈アゲイン〉は文語調が味わい深い。JASRACに無断でちょっと引用。
アゲイン めぐみたまえや/こよなき この幸福(さち)/いまひとたび
アゲイン こよなき この日/いのちのよろこび/君は わが胸により
ひたすらの 愛に/身をば ゆだね…(以下略)


戦後歌謡界の女王も、一歩間違えれば世界的な大ジャズ歌手になっていても全く不思議ではなかった。そう思わせる1枚。
そう、原信夫とシャープス&フラッツの伴奏も聴き物ですよ。

お宝度 ★★★☆☆
仰天度 ★★★★★
早熟度 ★★★★★



スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
臭いにひかれて五月蠅いハエがやってまいり増した、ハイ。ひばりのジャズは不肖の弟が「聴いてみな」と言って頼みもしないのに送りつけてきたことがあります。先入観なしで聴いたところ、そのへんの日本人歌手より英語の音はしっかり捉えていたので、さすが耳がいいのだなあと感心しました。もともと米軍キャンプで歌っていたのだものね。ただし私が好きなひばりの曲は後にも先にも「リンゴ追分」の1曲だけです。

gru**y_c*cli*t49

2007/06/15 12:46 URL 編集返信
No title
これはグランピーさんの専門分野でしょう。来ると思ってました。これとは逆にひばりの歌をジャズにアレンジした演奏って意外に聴いたことないけど、〈リンゴ追分〉なんてジャズでやったらけっこう面白そう。いわゆる「戦後歌謡」って、ほとんどの場合ジャズの影響受けてるから、基本的に相性はいいんですよね。とくに服部良一作品あたりは。

Jinne Lou

2007/06/16 01:45 URL 編集返信
No title
恒例の梅酒作りに励むセンセイ方、武部&古賀、いわれひこ、まけお、phoebe、ボラ、グランピー、トム、レッドパージ、sakky、小泉チルドレンも大喜び(半笑ね)

tom**m_moe

2007/06/19 02:57 URL 編集返信
No title
これも持ってます。こちらはCDですが。
歌唱力がいいだけに音源の帯域の狭さが問題です。
リマスター盤がでるといいですね。

-

2007/10/10 10:14 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ