FC2ブログ

Worrisome Heart / Melody Gardot

イメージ 1

何ともアンニュイ感漂うジャケに猛烈に惹かれて購入。今年デビューしたての新人のようで、日本盤は未発売。ほとんど無名と言っていいでしょう。
彼女は19歳の頃ににジープにはねられる大事故に遭って生死の境をさまよい、長らく入院していたとのこと。サングラスが手放せないのも、その後遺症のためらしい。「そのたった2年後に、信じられないようなミュージシャンたちに囲まれてスタジオに座っているなんて…。まだ半信半疑」と、ライナーノーツでデビューの感激を吐露しています。

歌を聴いて思った。「あ、森田童子だ」。どうやらすべて自作曲でギターの弾き語りらしいが、3曲目“Gone”の雰囲気なんかまさにそう。全編に色濃く感じられる秘めたる情念が、70年代日本のカルト系女性フォークシンガーを思わせます。山崎ハコみたいな。あるいは陰気なノラ・ジョーンズとでも言うべきか。諦観すら感じられる抑えた歌声に、凄味がある。
一応はジャズ歌手ということになってるようだけど、フォーク好きにもお薦めできる。日本人好みの、少し陰のあるキャラクターが魅力。今後に期待します。

僕たちの失敗度   ★★★★☆
ジャズ≦フォーク度 ★★★☆☆
悲しみ配合率    ★★☆☆☆

スポンサーサイト



コメント

コメント(5)
No title
森田童子、とゆうと「高校教師」のラストシーンが頭に浮かんでしまいます~(*´艸`*)

まけお

2008/06/07 06:15 URL 編集返信
No title
この森田童子、山崎ハコ全盛時代と同期に佐井好子という歌手がいたのですけど、個性強すぎて全く売れませんでしたね。30年ぶりに新作出したのにはたまげたが。佐井もジャズの影響を感じるし、そういえば浅川マキもアングラフォークから、ジャズのほうに行きましたね。みんなジャズに行く?

BORA

2008/06/07 09:01 URL 編集返信
No title
>まけおさん

「♪たとえばぼくが 死んだ~ら~」ですね。流行りましたね。見てませんでしたが。

Jinne Lou

2008/06/07 13:53 URL 編集返信
No title
>ボラさん

佐井さんって、ボラさんのブログで以前に紹介されてましたよね。その時代の女性フォークシンガーには、ある種の通底するものがあります。〈うらみ・ます〉〈世情〉などを歌っていた初期の中島みゆきもそんな感じ。
やはり晩年はジャズに行く人が多いんでしょうか。中山ラビも、最近はジャズっぽくなったと聞きます。

Jinne Lou

2008/06/07 14:03 URL 編集返信
No title
なんだい、元気じゃないか。

r*d*u*g*2*0l

2008/06/09 23:25 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ