FC2ブログ

「オーラ撮影」商法の無気味

イメージ 1


東京駅の構内を歩いていたら、「あなたのオーラ、撮影します」なるパネルを掲示している店舗に遭遇。「ヒーリンググッズ&LOHAS」の店らしい。
まるで街の雑貨屋のごとき実にカジュアルな店構えと、「オーラ」という疑似科学用語が、ビジネスマンが行き交う日中の駅通路にさりげなく同居している光景に、ちょっとした衝撃を受けたのでした。

興味を持って調べてみると、「オーラを撮影する」と称するヒーリングサロンの類がけっこう流行っているらしい。
それらの店舗で導入されているのが、在米ドイツ人が長年のオーラ研究により開発したとかいう「オーラ・ビデオ・ステーション(AVS)5.1」なる機器。同機のシステムについて「バイオフィードバック」「オーラビジョンカメラ」などと聞き慣れない用語を並べた説明がされていますが、詳しい仕組みは不明。いろいろ調べてみたところ、要するに人体に流れる微弱な電流をコンピュータでグラフィック処理して、それらしく見せる装置のようです。「オーラの色が分かる」とのことですが、実際に「色」を撮影できるわけではなく、電流のパターンに合わせて後から色を付けて、客の上半身画像の背後に合成しているものと思われます。
“オーラが見える”とされる「有能な霊能者」の協力で開発した、という怪しげな売り文句にシビれる。

ちなみにこの機器は、米国の企業とディストリビューター契約を結んだ日本企業が、ヒーリングサロンなどに販売しているケースが多いらしい。1セット¥130万~180万円也。「ヒーリングショップや健康食品・各種治療院を営業されている方などで、食品や治療の実際の効果を映像で確認する手段として」などと購入を薦めている販売代理店も見受けられ、効能不明な健康食品や癒しグッズの販促手段に活用されていることがうかがわれます。

「オーラとチャクラがわかる画期的技術!!」を謳うこのサイトによれば〈オーラは私達の周りに存在する微弱な電磁波エネルギー界です。流体のように自然界に存在する粒子であり、光の波動のようなエネルギーを示します。一般にオーラは普遍性と流動性を兼ね備え、普遍な部分は私達の本質を表し、流動的な部分は私達の心や体の現在を表しています〉〈科学技術の進歩がめざましい現在、今まで神秘とされていた「オーラ」、さらに「チャクラ」までがコンピューターで分析することが可能となっています〉とのこと。

占いやオカルトや、いわゆる「スピリチュアル」の類は、信じる人は信じればいいし、それで実際に癒される(ような気になる)人もいるんでしょう。他人がどうこう言うことではないのかもしれません。
しかし科学的に検証もされていない「オーラ」なる概念を、いかにも科学的根拠があるかのように装って、商売に利用することは許されるのか。


無意味なコンピュータグラフィックスを、「オーラ撮影」などとあたかもカメラを使って直接撮影した画像のように称するのは、端的に言ってペテンでしょう。ましてや、それによって「本当の自分を知る」ことができるなどとする虚偽の説明を行い、1回につき数千円も取ったり、それを「オーラカラーに合わせたパワーストーン」を販売するのに利用するなどといった行為が、東京駅のど真ん中でフツーに行われている。そこでは、オカルティックな雰囲気は皆無。あくまでも明るくさわやかに、科学的な装いが基本。店頭でほほ笑む店員もさわやか。
東京のビジネス街じゃ、いつの間にかこんな商売がフツーのもんになっていたらしい。

イメージ 2

スポンサーサイト



コメント

コメント(12)
No title
オーラって見えるものだったんですかー?(”。”)
なんか「気」のようなものかと思っていましたが。
オーラ撮影しますとか言われても私はヤだなぁ…なんか「背後霊」撮影しますって言われてるみたいな感じで。

見えない何かにすがる?人、多いんですかね。
私は目に見えるものしか信じられない夢のないニンゲンなもので。;^_^A

まけお

2008/06/14 06:34 URL 編集返信
No title
最初から、「体に流れる微弱な電波を写します」っていえばいいのに。

tom

2008/06/14 09:42 URL 編集返信
No title
以前、妻が通っていた鍼灸師は、体の上に手をかざしたりして、「気」を感じ取りながら、治療をしていました。私も通ったんですが、半信半疑ではありますが、言うことはわりと的確だという気がしました。「気」とオーラというのは違うんですかね。前者は東洋医学では当たり前に使われますけど。このオーラ商売の場合、科学の衣を纏ってますね。しかし、日本は、科学的には裏づけのない血液型と性格の因果関係が圧倒的に信じられている国ですし、私も面接で血液型を聞かれたことが何度かありますからね。

och**obor*maru

2008/06/14 18:06 URL 編集返信
No title
>まけおさん

比喩的な意味で「オーラ」という言葉を使うことはありますが、実際にそれが見えるわけではありません。でも、そのイメージをそのまんまビジュアル化したところがこの商売のミソでしょうね。

Jinne Lou

2008/06/15 02:03 URL 編集返信
No title
>tomさん

測定した電流の状態を数値化して分析してあげるとかだったらまだいいんですが、これが問題だと思うのは、それがあたかも「オーラ」として自分の周囲を取り巻くように存在しているかのような画像に加工して(しかも人為的に着色して)提示する点です。しかも、それが占いなどではなく「最新の科学」などと説明されている点も、非常に誤解を招きやすいです。

Jinne Lou

2008/06/15 02:10 URL 編集返信
No title
>NANAMIさん

東洋医学というのは私はほとんど体験したことがないので何とも言えないんですが、これだけ体系的に発展してきて人口に膾炙しているということは、やはりそれなりに有用なんだと思わざるを得ません。データの緻密な検証を積み重ねて理論化されてきた西洋医学がやっていることを、全く別のアプローチから辿る過程で「気」のような概念による説明が必要になってきたのかもしれませんね。たぶん「オーラ」というのも同じような発想から出てきた言葉じゃないかと思いますが、この商売ではそのイメージを安直にビジュアル化しています。血液型占いもそうだけど、科学的に筋が通っている話よりも、単純で分かりやすい話のほうが信じられやすいんでしょう。

Jinne Lou

2008/06/15 02:29 URL 編集返信
No title
気持ち悪いですね。。。(能もないコメントだが、それしかコメントする気になれない。。。日本人ってもちっとは知性なかったでしたっけ?なかったな、ユリ・ゲラーとかノストラダムスとかそういえば昔からあったし。)

sta*sto*y60

2008/06/21 19:10 URL 編集返信
No title
先日、とある神社で「血液型おみくじ」なるものを売っているのを発見しました。やはり多少なりとも科学的な装いをしてあるものには、その詳しい内容や原理が理解できずとも、信じてしまいがちなのでしょう。

Jinne Lou

2008/06/22 03:14 URL 編集返信
No title
ココで出てくる東洋医学(というか手かざし?)、プラシーボ効果はあるかも。あとは、手と患部の熱輻射で、暖かくなって、何となく効いてきた感もあるでしょう。

血液型も、「占い」といって適当にやってるなら、私は放置してます。これに「科学性」をくっつけ出すと、いかがわしい。マジで検証して、血液型分類の証明がなされれば、それはそれで面白いですけどね。

綾波シンジ

2009/05/26 01:02 URL 編集返信
No title
そういう効果については否定しません。各種の占いにも、迷っている人に一時的に自信を与える効果はあるでしょう。
ただ、客を素人だと多寡をくくって科学的根拠があるように見せかけ、「これが本当のあなたです」などと虚偽を述べてカネを取ることは行き過ぎでしょうね。

人の性格ってのはいろんな場面で正反対に現れることが多く、「○型の血液型はこういう性格」と言われれば、それに当てはまる事例だけを思い出してしまうことが多いんじゃないかと思ってます。
たとえば私は自分の部屋はいつもきれいに片づけていますが、会社の机はとんでもない状態でも全然気にならず、几帳面な性格かと聞かれてもよく分かりません。

Jinne Lou

2009/05/26 02:04 URL 編集返信
No title
>科学的根拠があるように見せかけ

自分は、おそらくこの辺に敏感です。ジュゼリーノが勝手に言っていようが、実害の無い限りどうでも良い、という立場です。とはいえ、1年ほど前の愛知県(?)の予言騒動ではさすがに、エントリ一つをあげました。目に見えた実害があったので。

>それに当てはまる事例だけを思い出してしまう
でしょうね。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/abofan/dnc.htm
のなかの資料によると、6割ぐらいが「当てはまる」と思うと「あっている」と人は思ってしまうのかも知れません。
イチローなんて、3割5分で当たっていると見なされる……これはちょっと違うか。

人って、いろんな側面を持つでしょうにね。

綾波シンジ

2009/05/26 02:44 URL 編集返信
No title
>内緒さん

それは面白いですね。ぜひやってみて報告してください。

Jinne Lou

2009/05/26 23:52 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ