FC2ブログ

8月15日の風景 靖国

スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
この種の人々にとって8月15日の靖国は、アニメオタクにとってのコミケと同じような存在なんだろうなと感じました。

ただ根幹には、国家の命令による戦死という“犬死に”を、人知を超えた宗教的死生観で彩ることで意味づけて正当化するという、この施設の特殊性があります。戦争遂行のための役割を担った特殊な施設である靖国は、純粋に平和を祈る場にはふさわしくないと考えています。

Jinne Lou

2008/08/17 03:02 URL 編集返信
No title
こんにちは。かなり久しぶりです。
こちらの動画、Flashplayerのインストールがうまくいかずに見ることができません(血涙

yab**own6*12

2008/08/17 07:29 URL 編集返信
No title
私は個々人の権利としての平和を獲得していくことの大切さを痛感しました。

lotusrayeighty

2008/08/17 15:17 URL 編集返信
No title
>yabetownさん

ご無沙汰してます。
Flashplayerは環境によってインストールできないことがあるみたいですね。うちの会社のMacはいまだにOS9なので、やはりうまくいかないみたいです(血涙

Jinne Lou

2008/08/18 01:19 URL 編集返信
No title
>lotusさん

そうですね。国家による交戦権発動は、国民が平和に暮らす権利とは対立するケースのほうがむしろ多いと思います。

Jinne Lou

2008/08/18 01:19 URL 編集返信
No title
>内緒さん

そうですね。ここに映っている彼らは自分もまだ理解可能ですが、さすがにあの家族には衝撃を受けました。何かが根本的に違っている人たちなんだと思います。特殊な事例なのか、そういう時代に向かいつつあるのかは分かりませんが。

Jinne Lou

2008/08/25 02:54 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ