FC2ブログ

印象論 + 事実誤認 = 中山発言

辞任したしもういいかとも思うけど、他のブログでは「正しいことを言った」「言葉狩りだ」などと中山氏を擁護する意見もけっこう多い。ダメ押ししておきます。


<中山国交相>「日教組ぶっこわす」宮崎での発言要旨

 日教組については、いろいろ言いたいことがある。大臣になって一番大事な仕事は、美しい古里と、安心・安全で住むことができる国土を子や孫たちにバトンタッチすること。今の日本を子供たちにこんな状態でバトンタッチしていいか。そういう強い気持ちがある。さまざまな犯罪が起こっている。あるいは親殺しとか。それは教育に問題があった。特に日教組。何より問題なのは「内心の自由に立ち入らない」と言って、道徳教育に反対する。何とか日教組を解体しなければいかんと思っている。小泉さん流に言えば「日教組をぶっこわす」。この運動の先頭に立つ思いでいる(以下略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000106-mai-pol


「ごね得」「単一民族」は論外として、こだわりがあるらしい日教組に関する持論も、何ら具体的なデータに裏付けられたものはないようです。
すでに日教組の組織率と学力テストの成績とは相関関係がないことがいくつかのメディアで指摘されていますが、それを追及されると「私は日教組が強い、と言ったんだよね。組織率が高くてもノンポリもいらっしゃって、あんまり組合活動に一生懸命じゃない方もいらっしゃいますから」だって。
つまり「強さ=組織率」ではない、と言いたいらしい。じゃあ何をもって「日教組が強いところ」と言っているのかといえば、その指標となるデータは何もなく、単なる印象論のようです。なんだこりゃ。こんな行き当たりばったりの個人的な印象論で、大臣として何かを主張しようとしてたのか。なんともテキトーだ。

「さまざまな犯罪が起こっている。あるいは親殺しとか。それは教育に問題があった。特に日教組」という発言にしても同様。
「とくに日教組による教育に問題があった」ので「親殺しとかさまざまな犯罪が起こっている」という論理の元となるデータが何ら示されていませんが、たとえばこんなのがある。



残念ながら戦前のデータは残っていないようですが、昭和31年(1956年)には134人が尊属殺(うち9割以上は自分の親殺し)で検挙されています。1970年代にかけて漸減し、その後は30~75人の間で推移している。これは14歳以上の統計なので、このうち1956年の時点で日教組(1947年発足)のもとで義務教育を1年でも受けた可能性があるのは、14歳~22歳前後ということになります。1965年以降の統計で出てくる「未成年の親殺し」が親殺し全体の4分の1~5分の1以下であることを見ても、134人のうち大半は日教組発足以前の教育を受けた世代と考えて差し支えないでしょう。そしてその後は親殺しによる検挙人数が急激に下がっていることからも、「日教組による教育」と「親殺しをはじめとしたさまざまな犯罪」にはほぼ相関関係はない、あるいは逆相関の関係にある可能性すらうかがえます。

少年による殺人事件は終戦直後から60年代にかけてが圧倒的に多いですが、戦前も現代と比べれば件数・人口比ともに多い。
少年による殺人統計

戦前の少年による異常犯罪にも、すさまじいものがあります。
少年の異常犯罪
中山式に言えば、「教育勅語」や「戦前の教育」が悪かった、ということになりそうです。


この手の粗雑な人物がぶち上げる論は、すぐに「戦後教育が悪い」「日教組が悪い」という単純な方向に傾きがちですね。さまざまな要素を踏まえた複雑な思考が、あんまり得意じゃない人なんでしょう。
しかし普通に考えれば、そもそも学校教育だけが社会の風潮にそこまで影響を及ぼしていると考えるのは、あまりにも過大評価というもんでしょう。


こんなのもありました。
戦前の教員汚職事件
昔も今も、やってることは変わりませんな。
いつの時代だって教育なんかとは関係なく“道徳は乱れて”いるのです。


要するにこの人の言っていることのうち、客観的事実やデータなどで真偽が判定可能な部分についてはほぼ全て誤っており、後に残るのは主観に基づく印象論にすぎないということになります。
中山氏は誤った認識と印象論のみに基づいて確信的に特定の集団を誹謗中傷したのであって、言葉の背後にある信念が大臣として不適格。軽はずみな失言や言葉尻だけが、文脈を無視して槍玉に挙げられる「言葉狩り」とは性格が全く異なります。http://x5.nobody.jp/bin/ll?062899800.gif



「水差された」自民議員怒り…中山国交相は辞任後も持論


 相次ぐ問題発言で辞任に追い込まれた中山国土交通相は、28日の最後の記者会見でも、日教組をめぐる一連の発言について「撤回しない」と開き直った / なおも「(日教組には)子供をダメにしようという闘争方針で活動している人がいる」などと“持論”を展開。近く予想される総選挙に向け、地元に戻っていた自民党議員らからも「完全に水を差された」と怒りの声が上がった(以下略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080928-00000031-yom-pol


「子供をダメにしようという闘争方針で活動している人がいる」などと本気で考えているとすれば、この人は完全に冷静な思考を失っています。自分とは考えの違う人のやっていることが、自分には「子どもをダメにする」と映ることはありうるでしょうが、子どもを意図的にダメにしようと活動している教員などいるわけがない。
中山氏がそうであるように、誰もが主観的には日本の教育を良くしようと活動しているわけです。双方とも「自分が正しい」と考えているからこそ対立が起きるのにもかかわらず、この人の世界観は「世界征服を企む悪の組織と、それに立ち向かう正義のヒーロー」の類から一歩も出ていないと言えるでしょう。
敵対する者を善意のかけらもない悪意の塊として描く「悪魔化」は、なんら建設的な議論を生みません。

「教育に関心を持ってもらうきっかけになればいい」などと嘯く同氏。誤った言説がその出発点になってはならないと思います。

イメージ 1

スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
>堀端さん

転載ヴァガボンドありがとうございます。

Jinne Lou

2008/10/03 02:32 URL 編集返信
No title
>starさん

それが真っ当なな感覚なのかもしれませんね。でも幸か不幸か私は神経があまり繊細にはできていないので、気力が失せたりはしません。考えたことを淡々と綴っていくまでです。

Jinne Lou

2008/10/03 02:36 URL 編集返信
No title
>風さん

ご訪問&TB感謝します。
何が根拠か知らないが「日教組の子供は成績が悪くても先生になれる」そうだけど、バカな2世や3世や4世がはびこる国会を見ると、政治家の子供も相当バカでも政治家になれるんでしょう。
そういや安倍ちゃんも、統一教会に祝電だか何だか送ってましたね。

Jinne Lou

2008/10/03 02:41 URL 編集返信
No title
日教組の組織率とテストの成績の因果関係は全く無いようです。
秋田県がよく引き合いに出されます。
それはさておき、この問題は、徹底的に解明する必要があります。
小泉氏が自民党を打っ壊すと言うのは、彼が自民党員ですからその理由はあると思いますが、中山氏は、当時大臣で権力の中枢に或る人で、日教組の構成員ではないので、明確な憲法違反です。集会結社の自由を侵す訳けですから。
転載させていただきます。

-

2008/10/03 09:38 URL 編集返信
No title
転載しました。

yfq**494

2008/10/03 13:27 URL 編集返信
No title
難しいこと抜きで、友達や知り合いに(そして恩師にも)日教組に所属する先生が多いものとしては、とても不愉快な発言でした。中山氏のことを「偉い人」という人の気が知れません。
感覚や思い込みだけでものを言い、一人一人の人間と向かい合わないというのはとても失礼だと思います。
中国に対する侮蔑的発言にしても、本当にその国の人と個人として付き合ったことがあるのかと言いたくなります。
ところで、starさんのお名前を久しぶりに拝見しました。
starさんとしてもお元気なようで、なによりです。

ぴんじょん

2008/10/03 21:26 URL 編集返信
No title
朝ズバっであれだけ、いいはなったんだから、その論拠となる証拠データも準備してほしかったです。さらに、賛成者も多数いると発言したのに、なぜ、大臣を辞任(自資質、更迭!?)し、政界引退するのでしょう。

きちんと持論を証拠とするデータとともにマニフェストに盛り込み、その上で、有権者に判断してほしかったです

かいざぁー

2008/10/03 23:18 URL 編集返信
No title
よくサヨク批判に日教組が持ち出されるけど、そんな影響力はとうに失ってます。最近製作された「あきらめないー続・君が代不起立」にも、日教組(中央)がむしろ運動を抑圧する無様な姿が映し出されています。そもそも、民主党支持ですからね。ところで、雲龍さんが言うとおり、この発言は結社の自由や団結権の侵害であり、組合潰しの不当労働行為でもあります。しかし、そうした大きな声があがらないのは、ジャーナリズムも労働運動も社会運動も劣化してると言わざるを得ません。残念なことです。

TOCKA

2008/10/03 23:27 URL 編集返信
No title
上のTockaさんのコメント読んで、やっぱりそうよねえ、と納得しました。日教組批判なんてズレてるとしか思えないのだけど。プリンスホテルの拒否問題の時もそう思った。すでに政権にとって脅威ではないはずなのになぜ?と思いましたが、要するにこれは将来の「結社の自由や団結権の侵害であり、組合潰し」の予防線を張っているわけですね。実体がどうであろうと「にっきょうそ」を揶揄することはサヨクつぶし効果があると睨んでいるわけですね。

gru**y_c*cli*t49

2008/10/04 01:48 URL 編集返信
No title
中山氏議員辞職の方向のようですが、これは単にお家の事情。彼の謝罪は、これまでの舌禍政治家と同じく、全て「総理、党」に向いており、自分の無責任な発言・言動については、なんの謝罪もしてません。それに、中山氏がいなくなろうが、予備軍は後にいくらでも控えている。中山氏に公開質問状を送り、公開討論にでも持って行くべきでしょう。プリンスホテルの時は、長野の毛利弁護士とか、日教組に必ずしも利害を持たない面々が直接ホテルまで出向いて何度も抗議したのですが、肝心の日教組が分裂・弱体化、さらには体制迎合なのは、衆知のこととは言え、何とも困ったことではあります。

och**obor*maru

2008/10/04 02:15 URL 編集返信
No title
>秩父雲竜さん

「日教組解体」の発言について会見で突っ込んでいた記者はいないようでしたが、口から出た瞬間に真っ先に問われねばならない類の発言でしょう。
記者は「具体的にどのような権限と手段によって『解体』しようとお考えなのか」と質問すべきでした。

Jinne Lou

2008/10/04 03:22 URL 編集返信
No title
>yfq**494さん

毎度ありがとうございます。

Jinne Lou

2008/10/04 03:23 URL 編集返信
No title
>びんじょんさん

「日教組の子どもは成績が悪くても先生になれる」という発言にしても、具体的な因果関係を示すことはできないようでした。「たぶんそうだろう」程度の思い込みで、公の場で特定の子どもらに対して侮蔑的な発言をすることは、政治家以前に社会人のすることではありません。
びんじょんさんもstarさんのファンですか。

Jinne Lou

2008/10/04 03:23 URL 編集返信
No title
>カイザーさん

最近、勢いだけの粗雑な発言に支持が集まる傾向があるようですね。裁判で断罪された橋下弁護士の懲戒呼びかけの一件も同様でしょう。
感情に支配される政治は危険です。

Jinne Lou

2008/10/04 03:23 URL 編集返信
No title
>Tockaさん

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」の類でしょうが、一部政治家はそれを知った上で象徴的に「日教組」を槍玉に挙げ、組合弱体化を狙ったバッシングを煽っているふしすら窺えます。

Jinne Lou

2008/10/04 03:24 URL 編集返信
No title
>グランピーさん

そういう「空気」を社会的に醸成する狙いがあるんでしょうね。本当に「日教組はガン」だと素直に信じてる人は、伝聞やネット情報を鵜呑みにしている人がほとんどでしょう。中山氏は「考えるきっかけに」と言っているけど、本当にデータに基づいて考えれば発言はウソだと分かる。しかし、そうやって考える人は少数派なわけです。

Jinne Lou

2008/10/04 03:24 URL 編集返信
No title
>NANAMIさん


単に政権にこれ以上ダメージを与えないために引退を言い出したのであって、発言そのものを反省していないことは明らかですね。デタラメをまき散らして「言い逃げ」できれば彼は本望でしょう。たしかに、討論会でもやって客観データに基づいて徹底的に検証すべきだと思います。未検証の発言が独り歩きして「社会の空気」となり、政治に影響力を行使することがあってはならないと思います。

Jinne Lou

2008/10/04 03:24 URL 編集返信
No title
なんか今夜も一生懸命がんばってたアラシさんがいたようですが、すべて掃除ツールに自動削除されていたみたいです。機械相手に格闘ご苦労さんでした。

Jinne Lou

2008/10/04 03:28 URL 編集返信
No title
こんな知性のない人が大臣やっているとは・・・
この国の統治レベルは本当に低いですね。
この際、「博打」で民主党に政権任せたほうが良いかも知れません。

マクシミリアン・テルミドール

2008/10/04 22:55 URL 編集返信
No title
統治レベルが低いのは、国民のレベルが低いからでしょう。民主主義の社会では、われわれ全体の水準以上の指導者は得られませんからね。政権交代すれば万事OKではありませんが、自公体制はとっくに消費期限切れです。

Jinne Lou

2008/10/05 02:20 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ