FC2ブログ

「ぶつかっていく姿勢が足りない」



今の現実を前に、「働かざる者食うべからず」「ぶつかっていく姿勢が足りない」「甘ったれるな」みたいな粗雑な精神論を垂れ流すことしかできない人物に、よく情報番組の司会が務まるものだと感心。

「とりあえず仕事したらどうか」「ハローワークには仕事があるらしい」って、正気か。
日雇いの求人もなくハローワークも閉まる年末年始に、仕事も住居も失って生存が懸かっている人が大勢いたわけですが。出演1本ウン百万のみのには想像もつかない世界でしょうがね。http://x5.nobody.jp/bin/ll?062899800.gif

スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
さっき9時のNHKニュース内で、今月から介護施設で正社員として働き出した11月に派遣切りされた30代女性を紹介してましたが、この制作者のポイントが2つ見透けました。一つは人手不足の職種もあること(仕事にこだわらなければ正社員にもなれる仕事はあるのだ)と、その女性のナマの言葉で「これまで正社員の道を選ばず派遣一筋に来たのは自己責任です。」と言っていた事。不安定な立場の派遣労働を知っていて働いていた自分が悪いとして、その上、「ピンチをチャンスにした。」なんてローン会社のCMみたいなことまで言ってました。なぜこのように自己完結させてしまうのか。このミニドキュメンタリー番組は派遣切りの社会問題性を一切無視して作られていました。せっかく点った世間の関心に水をかけるような作り方です。

gru**y_c*cli*t49

2009/01/14 23:11 URL 編集返信
No title
>alfmom29さん

これは勉強する時間があるかどうかという問題ではない気がしますがね。
たしかにみのは良いことを言うときもあるのですが、総じて粗雑です。不二家事件のときの一件もそうでした。純粋なバラエティー番組ならそれでもいいかもしれないけど、この種の番組では司会の資質に欠けていると思います。

Jinne Lou

2009/01/15 00:41 URL 編集返信
No title
>みどりさん

よく言われる「選ばなければ仕事はある」というのはその通りでしょう。そうした人たちの多くが、不安定な派遣という働き方を選ばざるを得ない状況に追い込まれてきたのも事実だと思います。「多様な働き方」の名の下に派遣法が改正され、製造業にまで派遣労働が拡大した結果です。
せめてアパートを借りられるだけの賃金と、人間らしい安定した働き方ができる職場を求めようとするのは、当然のことだと思います。

Jinne Lou

2009/01/15 00:42 URL 編集返信
No title
>いのうえさん

彼もこれまでいろいろと苦労はあったのでしょうが、個々の当事者や現場を見もせずに「努力が足りない」などと平然と言える傲慢さに気づかなくなっているんでしょう。単なる怠け者はいつの時代にも一定の割合で存在しているでしょうが、突如としてこうした人々の存在が大量に表面化してきた今回のケースで、普通の感覚を持っていればまずみののような100%個人の責任に帰そうとする反応は示しません。

Jinne Lou

2009/01/15 00:50 URL 編集返信
No title
>ワンチャンさん

大衆的な人気にあぐらをかいて、こういう乱暴な発言でも一定層にアピールすれば許されると勘違いしている連中が多い気がしますね。こうした傾向は、一般人に対する個人バッシングを助長しているようにも見えます。最近その手のことが多いですから。

Jinne Lou

2009/01/15 00:55 URL 編集返信
No title
はじめまして、なんとコメントしていいか分かりませんが転載させていただきます。

mtdcx048

2009/01/15 01:58 URL 編集返信
No title
ま、人間は個人的な体験から簡単に考え方が変わりますから。

lotusrayeighty

2009/01/15 19:32 URL 編集返信
No title
突然今晩は。
みのもんた、元々嫌いでしてが

この発言は許しがたい。

fox-7

2009/01/16 00:01 URL 編集返信
No title
>harutoさん

転載ありがとうございます。

Jinne Lou

2009/01/16 01:18 URL 編集返信
No title
>Lotusさん

それは本当にそうですね。私も経験あります。

Jinne Lou

2009/01/16 01:19 URL 編集返信
No title
>fox-7さん

ご訪問ありがとうございます。
全くそう思います。この番組に出るようになってから、どうもおかしな発言が目立ちますね。

Jinne Lou

2009/01/16 01:20 URL 編集返信
No title
働き口はまだまだある、生活保護などのセーフティネットもある、自己責任・・いろいろな考えや見方があるでしょう・・私はあきれますが。

しかし、『職を選ぶ権利はお前にはない』『報酬には文句を言うな』『寝る時間以外は働け』・・と言っているのと同様です。

昨今、問題提起をした『派遣村』に代表される事態で底に集まった方々は・・1日数時間働いて『高級車』『豪華マンション』『毎日鴨鍋』そして『贅沢な老後』を求めていた結果でしょうか??

根底にある問題・・労働法、派遣というシステムの実体、そして社会というものの中での企業、雇用者等の責任を無視してはいないでしょうか。
すべてを『自己責任』的発想で文句を言わず働けでは労働力は限りなく安価になっていくでしょう。

人は働かなくてはなりません・・すべて希望の職には就けません。
しかし、すべての人が少なくとも人間らしく生きていける社会のシステムを求めて行かなくては・・労働力の奴隷化ともなりかねません。

そういう社会を求めるのなら別ですが・・。

ワンチャン

2009/01/16 09:12 URL 編集返信
No title
道路は10年かけて予算を確保するのに、地方の病院は閉鎖や縮小を余儀なくされ・・・、
派遣切りで明日どころか今日の寝るところや食事もままならない・・・

みのさんも文句言うばかりでなく、奥さんや親戚に手伝いにいかせれば
現状がよくわかるでしょう・・・

既得権益に固執し、ベンチャーや環境、育児など、
新産業の育成を怠ってきたつけが今後重しとなるでしょう。

また、小泉政権の「改革」にともない、痛みがでることは
わかっているのに、オランダや北欧のように、雇用保険や
セーフティーネットを充実させなかったのも理由の1つでしょう。

給付金より、セーフティーネットの充実や、
医療介護の充実や環境技術の開発などに絞るべきでしょう。

もしくは、山間地も人口減少とともに、森が荒れているようなので、
そういう部分の充当でもいいかもしれません。

天下り先の確保優先ではなく、もっと知恵を働かせてほしいものです。

かいざぁー

2009/01/16 16:38 URL 編集返信
No title
>ワンチャンさん

最底辺に落ちた人が救いの手を求めようとすると、この手の論調が必ず出てきます。どうして自分たち労働者全体の問題として考えようとせずに、「我々」と「彼ら」を分断して足の引っ張り合いをしようとするのか。

Jinne Lou

2009/01/18 01:13 URL 編集返信
No title
>カイザーさん

今の不況は単に国民の手元の数万円がないからではなく、将来への不安が増大しているからでしょう。自分らの払った税金からたかだか1~2万円を返してもらったからって、単なる一時的な小遣いとして消えて終わりです。より困っている層に集中的に還元してこそ、社会全体の不安解消への効果も大きいでしょう。

Jinne Lou

2009/01/18 01:13 URL 編集返信
No title
こういう状況は個人が生み出した問題ではない、ということを忘れている発言が多すぎます。それに、社会は個人が集まって出来ているのであるから互助と自立は常に並行して行なわれないと社会自体が成立しなくなるんです。その危険信号が発せられているのに、それが全く自覚されないというのはみの氏だけでなく同様の考えを持つ人間の社会人としての未熟さを示すことです。中学生みたいに自分ひとりで大きくなったような気でいるんでしょうかね。考えが無いというか考えられない人間なのでしょう。不仁ということです。

bat**yu2*01

2009/01/18 05:16 URL 編集返信
No title
転載していました。

報告遅れてすいません。

ハザマ

2009/01/18 11:34 URL 編集返信
No title
>bataiyu2001さん

個人の問題に還元しようとして粗探しをすれば、キリがないでしょう。個々の問題は個々で解決すればいいが、ここまで一斉に噴き出してきたことを見れば、これはまぎれもなく社会問題です。そこが分からないみのの目は曇っていると思います。

Jinne Lou

2009/01/19 01:17 URL 編集返信
No title
>破入さん

転載ありがとうございました。

Jinne Lou

2009/01/19 01:18 URL 編集返信
No title
皆様、こちらのコラムをご覧ください。
1月14日付常陽新聞(茨城県の地方紙)のコラムより
「君には見えるんだね…、彼らの30年後の姿が…」「はい。将来は彼らが路上で生活する姿が…」▼「年越し派遣村」の取材現場で一緒だった全国紙コラムニストとの雑談で、「派遣切り」された派遣労働者たちの話に及んだ▼派遣労働者の大半は、健康保険どころか雇用保険にさえ加入させてもらえない。そのため“派遣会社の都合”で失業しても失業保険給付は受けられず、収入源が断たれる▼派遣会社の寮を追い出されれば“住所不定、無職”となり、再就職先を探すにも「住所不定の人はダメ」で、アパートを借りるにも「無職の人はお断り」と門前払い。結果として路上生活を余議なくされ“ホームレス”と呼ばれるようになる▼派遣労働者に対して「自己責任」を言う向きもあるが、本来「自己責任」とは株取引など“投資家の世界”の言葉。特殊技能や特別な資格を持たない労働者に対して使う言葉ではない。いつまで派遣労働者の“落ち度探し”をすれば気が済むのか。(崎)

sak**417j*20*0

2009/01/21 01:27 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ