FC2ブログ

植草氏の粗雑な陰謀論について


これは当ブログのトップページでもリンクしている、植草一秀氏のブログに掲載された記事だ。植草氏の日頃の主張は全面的に支持しているわけではないが、共感を覚える内容も多かったのでリンクさせてもらっている次第である。
しかしながら、あまりにも牽強付会と言わざるを得ない非論理的な記事も目立つ。これはその典型だと思ったので、批判的に紹介させてもらう。

氏が「代表選マスゴミ悪質情報工作を裏付ける重大証拠」だと主張しているのは、日本経済新聞元経済部長でテレビ東京副社長の池内正人氏が書いた「目を疑うような小論」のことらしい。詳細な論旨はリンク先を読んでいただきたいが、要するにこういうことだ。

小沢一郎氏に批判的な池内氏は、民主党代表選で小沢氏が代表(=総理)に選出されることは民主主義的見地から問題であり回避すべきだと考えており、「国民の側からみての“対抗手段”は他にもありそうだ。大新聞が得意の世論調査をやればいい」と主張する。つまり、新聞社は世論調査によって「外部からの影響力を行使」し、小沢氏の出馬辞退もしくは落選を誘導せよ、という意見のようだ。
池内氏が本気でそんなことを考えていたとすれば馬鹿げた話であり、マスコミ人の驕りも甚だしい、と私も思う。世論調査は政局操作の道具ではない。

だが日経の元経済部長である池内氏がそう書いているからと言って、それがどうして大新聞の世論調査が実際に「悪質情報工作」であると断言する根拠になりうるのか。池内氏がマスコミ界の黒幕で、朝日から産経まで裏で牛耳っているのであれば話は別かもしれない。しかしながら上記の「小論」は、池内氏個人が勝手に主張している個人的意見の域を出ない。それを「重大証拠」だとするには、論理の飛躍がありすぎる。

「マスゴミが実施する世論調査は、ほぼ100%信用することができない」「民主党代表選に際しての世論調査は、まず間違いなくねつ造されたものであったと思われる」と主張する植草氏は、さらに以下のようなデータを援用して大新聞の世論調査が「悪質情報工作」であることを訴える。
だが、これも大いに疑問だ。

イメージ 1


たしかに新聞・通信社の世論調査と、ネットでの投票では結果が大きく食い違っている。
ではどちらが正しいのか。
植草氏は「インターネット調査が真実に近い状況を示していたのだと思われる」と言う。しかしその根拠は示されていない。

ここに示された数字を虚心坦懐に眺めれば、世論調査のほうが信頼性が高いことが分かる。
各社の調査とも、「小沢支持」は12~17%とほぼ10%代半ば、「菅支持」は7割前後でまとまっている。大まかな傾向は一致しており、「ねつ造」を疑う理由は見当たらない。
これに対してネットでの投票結果をみると、「小沢支持」は48~80%、「菅支持」は(「いない」「その他」を含むダイヤモンドの調査を除いても)20%~37%と、いずれも「誤差」と呼ぶにはばらつきが大きすぎる。ランダムに抽出した対象者らに質問する世論調査と異なり、特定サイトの閲覧者のうち投票したい者だけが投票するネットでの調査は、サンプルの偏りが大きいためだと考えられる。
世間一般の傾向をより正確に表しているのは、世論調査であることは明らかだ。

小沢氏を強力に支持する植草氏が「ネット調査が真実に近い」と考えるのは、単に「そうであればいい」という氏の希望から出た観測に過ぎないのではないか。
政・官・業・外資・マスコミが結託した「悪徳ペンタゴン」なる勢力が暗躍していると考えているらしい同氏の主張には、こうした陰謀論まがいの粗雑な議論が多いように思う。
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
ネット世論と一般世論の乖離はもうずっと言われてますね。
ネット調査の方が真実に近いというのはホントに根拠のないこととおもいます。
ただ……ちょっと記事から離れますが、
世論調査にどんな意味があるのかちょっと疑問というか、
調査の電話はほぼ日中だから回答者は平日の日中に家にいる人が多いのでサンプルに偏りがあるのではとも言われてるし、
他の調査結果に引きずられて回答する人も多いのではとおもうし……。

ゆまりん

2010/09/22 04:22 URL 編集返信
No title
ネット世論が、いわゆる世論と違うのは、統計的実証なくしても明らかです。ネット世論が「右」というのも違う。ブログでも、明確にイデオロギッシュなブログには、「大賛成」か「大反対」のアラシか、どちらかしか集まらず、両極端になる場合が多いです。それから「マスゴミ」という言い方は、ネット用語が広まったものだと思いますが、仮にも知識人であれば、公に発信するブログでそういう言葉を使うべきではないと私は思います。ただ、マスコミの世論調査については、もう少し質問項目に工夫が欲しいですね。政党や内閣支持率についても、数字だけじゃなく、「理由」の部分をもう少し詳しくやらないと意味がないでしょう。「人柄がよさそうだから」「実行力があるから」とか、言っても言わなくてもどうでも良いようなことですから。

och**obor*maru

2010/09/22 09:08 URL 編集返信
No title
自分の思った通りにならないと、「●×の陰謀だ!」と言い出す人が必ず出てきますね。。。

tom@いやし系(ら抜き)

2010/09/22 09:29 URL 編集返信
No title
>ゆまりんさん

たしかにそうですね。いきなり「あなたは内閣を支持しますか」と聞かれて、普段そんなこと考えもしないような人たちがその時々の政治ニュースを想起して咄嗟に答えるわけですから、輿論どころか世論と呼ぶのも疑問です。あえて言うなら「気分調査」でしょう。それでも、世の中の気分を知ることにはそれなりの意味があるとは思いますが。

Jinne Lou

2010/09/23 01:11 URL 編集返信
No title
>NANAMIさん

「マスゴミ」という言葉は、10年以上前に本多勝一氏が著書の中で使っているのを見たのが最初だと記憶していますが、近年の情緒的で十把一絡げな使われ方には私も違和感があります。
世論調査で「人柄」「実行力」などあやふやなイメージを支持・不支持理由に挙げる人は、要するにそれだけの認識しかないということでしょう。それも含めて、世の中の「気分」です。

Jinne Lou

2010/09/23 01:20 URL 編集返信
No title
>tomさん

そう考えるのが、一見単純で楽なんでしょうね。天動説に似た考え方です。

Jinne Lou

2010/09/23 01:21 URL 編集返信
No title
「気分調査」ってナイスです☆

ゆまりん

2010/09/23 09:43 URL 編集返信
No title
本多勝一がそんなこと言うなんてますます変ですよ。だって、彼自身マスコミの人でしょ。今でもそうだろうし。

例えば、NHKの世論調査の場合、「人柄がよさそう」が43%、「実行力がある」が20%とか言うわけですが、つまり最初からそういうものが項目として設定されているのかどうかという意味です。だって、無作為抽出で100人に訊いたとして、43人が判で押したように「人柄がよさそう」と答えているとは到底思えない。電話での世論調査は、1人に時間をかけていられないから、質問項目が様式化されているのではないか。Jinneさんは、ある意味マスコミの人だから、そのあたりはなんとなくわかるのではなかろうか、と。

ちょっと、ここはNHKに確認してみましょう。

och**obor*maru

2010/09/23 12:48 URL 編集返信
No title
先の参院選では、概ね世論調査通りの結果が出たと考えてよいです。どこの新聞の世論調査でも、有権者は雇用問題を一番の関心事項として挙げていましたから、そこを重点的に訴えた「みんな」に票が集まった。この場合、回答は選択式である可能性がありますが。「次の5つのうちからお答えください」みたいな。ネットのYahooなんかのクイックアンケートだと、私が見たときは「外国人参政権」がトップを走っていたけど(笑)。

och**obor*maru

2010/09/23 13:02 URL 編集返信
No title
本多氏は既存のマスコミを批判して新たな日刊紙の創刊を提唱していたわけですが、日刊は果たせなかったものの『週刊金曜日』の立ち上げにつながりました。

ああいう世論調査は、ある程度類型的な選択肢を挙げて答えてもらうんでしょうね。完全な自由回答だったら時間がかかって非効率ですから。それを補完するために、たまに面接調査もやってますしね。

Jinne Lou

2010/09/24 00:29 URL 編集返信
No title
お邪魔致します。ブログ散歩中、当貴記事を拝読致しました。/私も件の植草さんのブログ記事を読み、幻滅を覚えました。しかし貴記事にも窺われるような、「大手マスコミの世論調査は無作為抽出しているから、ネット調査より正確!」と鬼の首でも取ったかのように言い募る論調にも、残念な印象が拭えません。/そんなことは当然だからです。/寧ろ、「その程度の評価できるポイントしかない調査結果しか出せなかった」という実態に、もっと危機意識を持つべきかと存じます。或いはネット調査の不正確にかこつけて、自身の調査のお粗末さを霞ませようとすべきでは、ないのでは。

ujiin

2010/09/25 12:05 URL 編集返信
No title
> 「マスゴミ」という言葉は、10年以上前に本多勝一氏が著書の中で..........

そんな昔からあるのですか・・。
植草さんのブログは私も読んでいますが、この言葉を使っているのを初めて見た時は少なからず驚きました。十把一絡げの言葉を使うと、そのように扱われてしまうような気がしてなりません。(氏の体験から余人には窺い知れないあれこれあるのかもしれませんが惜しいことだと思っています)

TKK@tkkhkkdmk

2010/09/25 12:57 URL 編集返信
No title
>ujiinさん

べつに鬼の首を獲ったように言い募った覚えはありませんが、そのような印象を受けたとすれば、どのあたりの表現でしょうか。

世論調査がネットでの投票よりも正確だと私が言っているのは、あくまでも相対的な比較においてです。ujinさんも認めるその「当然」の事実を無視した植草氏の論法を批判するために、その当然の事実を指摘することがどうして「残念」なんでしょうか。

私も新聞社の世論調査には問題が多いと思っていますが、それは植草氏の粗雑な論法に対する批判が主題であるこの記事とはまた別のテーマです。

Jinne Lou

2010/09/26 02:12 URL 編集返信
No title
>TKKさん

10年以上前と書きましたが、もしかしたら20年近く前の文章かもしれません。とにかくこの言葉は、ネットで使われるようになるよりもずっと以前から知っていました。
植草氏は自身のこれまでの体験から、メディアに対して過剰に警戒心が強いんでしょうね。最近は妄想じみた的外れのメディア批判も多く、残念に思います。

Jinne Lou

2010/09/26 02:17 URL 編集返信
No title
極めて妥当なご意見です。
わたしも、マスコミの世論調査を鵜呑みにするべきでないと言うのはその通りですし、一方ネット世論を鵜呑みにするのも間違いです。このご意見にあるように、それぞれの持つ性格を背景にして、限定的な意見を読み取るべきです。
それから、マスゴミとか、悪徳ペンタゴンとかの言葉も、出自はともかく、体制批判のかなりの人々が、自説の論拠として、無批判に近いつかわれがちなのに、憂慮を覚えます。
使い方によっては、”反日”と同じく、一杷ひとからげに
、白か黒かに篩いかける用語として使われていることを残念におもいます。ブロガーは、ブログの社会的地位を向上させるためにも、用語についても、より一層の研鑽が求めれているとおもいます。

琵琶

2010/09/27 05:49 URL 編集返信
No title
同感です。私も極力そうした類の言葉をを使わないように心がけていますが、もしかしたら使ったことがあるかもしれません。思考停止につながりかねないので、自戒したいと思います。

Jinne Lou

2010/09/28 01:41 URL 編集返信
No title
植草さんは半ば強引にえん罪に近い犯罪に巻き込まれたので、客観的に判断するのは無理があるのでは!?


あれだけネガティブキャンペーンかと思われる情報を垂れ流されたら、一般の人々は「そうかも!?」と思ってしまうのでは!?

村木局長のえん罪が2月ごろ、オープンになっていれば、
小沢さんへの家宅捜査や、秘書の逮捕についての報道や世論も随分違っていたかもしれません・・・


マスコミの世論調査は、ほとんど統計的な意味をもたず、
あくまで「傾向程度の参考データ」にすぎないでしょう・・・

むしろ、検察不信、尖閣問題と大いに問題があったのに、
先週末は世論調査が行われていません・・・

マスコミ各社なのか、記者クラブなのか、世論誘導的に世論調査を利用している部分はまったく否定できないわけではないと思います

ネットの場合は、偏っていることは否定しませんが、政治について「自分で見極めよう」という人々が増えていることは「健全」でよい傾向だと思います

かいざぁー

2010/10/02 02:09 URL 編集返信
No title
マスコミが利用しているかはともかく、世論調査によって世論自体が影響を受けていることはあり得るでしょう。しかし世論調査など利用せずとも、新味ある内閣ができればそれだけで支持率は上がるし、内閣が批判的に報道されれば支持率は落ちるという単純な構図があります。内閣改造や尖閣問題を見ても明らかです。こんな「世論」に何か意味があるのかと言いたくもなります。

Jinne Lou

2010/10/03 01:53 URL 編集返信
No title
大変失礼致しました。「鬼の首でも取ったかのように」はあくまで私の主観ですので、ご不快をお与えしてしまったようでしたら、ここに深謝させて頂きたく存じます。

また「残念」と申しましたのは、「世論調査における、回答率の低さによる無作為性の希薄化」への不安が私には文中から伝わって来ず、それでは植草さんのネット調査認識と、根底ではそれほど変わらぬよう感じてしまったためです。

けれどもそれも、ただ文中にはお書きになられなかっただけ、だったのでしょう。私の誤解だったのだろうと今は反省しております。大変申し訳ございませんでした。

ujiin

2010/10/10 22:49 URL 編集返信
No title
ご理解いただけたなら幸いです。世論調査の欠陥については、そのうちに考えをまとめられればと思います。

Jinne Lou

2010/10/11 01:05 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ