FC2ブログ

Besame Mucho / 松尾明トリオ

イメージ 1
松尾明トリオは、ジャズ歌手MAYAの伴奏グループとして知っていた。本作も発売当時に試聴して傑作であることは分かっていたが、アマゾンのウィッシュリストに追加したままなんとなく買う時期を逸していた。それから2年ほど過ぎ、先月になって思い出したように購入したのである。

ライナーノーツによれば、本作では難曲が多かったがろくに打合せをせず「勢いとノリで録った」とのことだ。これが奏功して、終始豪快なノリ。

試聴して印象に残っていた、1曲目〈Angry Dogs〉。やはりというか、これが実にかっこいい。暴れる松尾明のドラムスと唸る嶌田憲二のベースに乗って、疾走する寺村容子のピアノ。
オリジナル曲かと思ったが、Carlo Uboldiなるイタリア人ピアニストの作品らしい。曲名がまさにぴったりといった感じの曲調だ。
スピーカーで聴くのもいいが、どちらかといえば密閉型のヘッドホンを装着して大きめのボリュームで無心に聴きたくなる演奏。気分が晴れない夜にはこれをやることにしている。

MAYAがゲスト参加している〈Georgia on My Mind〉。MAYAが寺村に「飲み屋で絡んでくるオヤジみたいなピアノで」と頼んだとのことで、MAYAはその出来に大いに満足のようであるが、自分に言わせればまだ粘り方が足りない。もっと粘っこく絡みつくようなブルース感が欲しかった。惜しい。それでも平均的な〈Georgia〉を大きく上回る演奏&歌唱である。MAYAのコケティッシュ感がこれでもかと炸裂する。

〆括りの〈Goodbye〉はベニー・グッドマン楽団の演奏で知られる同名曲ではなく、Stephan Noel Langなるこれまたマイナーなピアニストの作品。
燃え立つような別れを思わせるラテン・ナンバーを、豪快に弾ききる寺村のピアノが聴き物である。


スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
試聴しましたが、私も最初の一曲目にやられました。
しかし、試聴というのは上手くできているものですね。乗ってきたと思った時に・・・
MAYAの歌なんて、ジョージア、ジョージア~・・で終わりですよ。
もっと聴いていたいのに~!
と思ったら買え、ですよね^^;

kiyory

2010/12/02 22:13 URL 編集返信
No title
やはり1曲目ですか。共感いただけて嬉しいです。
ちょっとだけ聴かされると、すごく魅力的な演奏に思えてくるから不思議です。デパ地下の試食で「こりゃ美味い」とつい買わされてしまうみたいなものか。

Jinne Lou

2010/12/03 02:47 URL 編集返信
No title
4・8・1の順で聞きました。
大好きな「ベサメ・ムーチョ」、何と素敵なベース音と思っていたのですが、
1に戻ってそのカッコよさにうっとり…でした。
たったこれだけしか聞けないのが残念です。
(文字は綺麗に見えていますよ)

alf's mom

2010/12/03 07:59 URL 編集返信
No title
ベサメ・ムーチョもかなりいい出来ですね。スタンダードの中でも大定番の一つであるだけに、並みの弾き方では面白みのない通俗な演奏になりがちです。かといって奇をてらった演奏では原曲の良さが損なわれる。ここでは独自の味付けで、曲の良さが最大限に引き出されていると思います。

Jinne Lou

2010/12/04 02:12 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ