FC2ブログ

WALTZ FOR DEBBY/MONICA ZETTERLUND

イメージ 1

このところ年末の忙しさにかまけて更新もままならず、とりあえず今回も気楽なジャズの話題を。ジャズ強化月間ということでお茶を濁しておきます。

モニカ・ゼタールンド、モニカ・セッテルンド…2通りの表記を見かけますが、どちらが本来の発音に近いんでしょうか。「モニカ・ゼタールンド(以前はセッテルンドと表記していた)」と説明しているサイトもあるので、おそらく前者なんでしょう。スウェーデンを代表する歌手兼女優でしたが、今年5月に自宅マンションの火事によって不幸な最期を遂げました。享年67歳。寝タバコが原因だったそうです。ペギー・リーも歌った〈Don't Smoke in Bed〉なんて古い曲もありますが、喫煙者のみなさんはくれぐれも気をつけてください。

さて、なんといっても彼女の出世作はこの1枚。歌伴をすること自体珍しいビル・エヴァンス・トリオをバックに、これまたエヴァンス畢生の名曲〈ワルツ・フォー・デビィ〉をなんとスウェーデン語で歌ってるときた日にゃ、ジャズ好きならずとも興味を覚えるところ。そしてこれが予想通りの名唱です。とはいえこのトラックばかり注目されがちですが、他もなかなか良いですよ。〈降っても晴れても〉〈ワンス・アポン・ア・サマータイム〉〈イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー〉あたりがお気に入り。メロディーを変に崩さない、素直な歌い方に好感が持てます。ジャケット写真のイメージ通りの、清楚で上品な歌声が持ち味と言えるでしょう。

もう一つ、このアルバムの話題性を高めている要素として忘れてはならないのが、トラックの最期にオマケみたいに入ってるエヴァンスの珍演(?)。なんとエヴァンス自ら〈サンタが街にやってくる〉を、ピアノ弾き語りで歌っているではありませんか。写真での彼の横顔から、生真面目で神経質な大学教授といった感じのイメージを抱いていましたが、ここではかなりふざけた調子で、大いにテレながら歌っていて笑えます。エヴァンス先生にもこんな一面があったとは。彼の肉声が聴けるほぼ唯一の音源ではないでしょうか(断言の自信なし)。歌のレベルでいえば、最近どうも審査が大甘になった感がある「NHKのど自慢」でもせいぜい鉦2つどまりの宴会芸レベル。彼のいつもの内省的なピアノ演奏と、ひどい歌声との落差に驚かされます。もともとアルバムに収録するつもりじゃなくて半分おふざけで録ったようですが、エヴァンスや録音スタッフのくつろいだ雰囲気が伝わってきて、ちょっと嬉しい聴き物です。

北欧の歌姫度          ★★★★★
ベッドで煙草は吸わないで度   ★★★★★
エヴァンス先生が壊れました!度 ★★★☆☆


ちなみに、エヴァンスの別のアルバムには〈サンタが街にやってくる〉の楽しいピアノ演奏も。クリスマスにどうぞ。


スポンサーサイト



コメント

コメント(19)
No title
エヴァンス珍演は良く分かる(笑)いつもテンパっているイメージしかないし。彼はリラックスしたようで全然リラックスしてないからなぁ。だから早死にしたんだろうな。

tou*uhy**uchi*

2005/12/12 08:47 URL 編集返信
No title
Waltz for Debbyは、あの涙が出るほど美しいメロディーが魅力的で、大好きです。私も電子オルガンで何度も弾きました。

もーちゃん

2005/12/12 10:22 URL 編集返信
No title
>豆腐百珍さん どんなくつろいだ曲を弾いても、どこか張り詰めているのがエヴァンスのピアノ。ピーターソンもイメージに反してけっこう神経質のようですが、彼は長生きですね。

Jinne Lou

2005/12/12 20:23 URL 編集返信
No title
>もーちゃん オルガンでの演奏は聴いたことがありません。どんなふうになるのか聴いてみたいものです。小生はアコースティックギターで弾いています。

Jinne Lou

2005/12/12 20:25 URL 編集返信
No title
モニカ・ゼタールンド、ほとんど知りませんが、なぜか「ゼターランド」と記憶しているのです。何かの間違いでしょう。

凡人

2005/12/13 07:43 URL 編集返信
No title
へぇ~、ピーターソンって神経質だったんだ。あのタッチからは想像できないけど。エヴァンスはフロム・レフト・トゥー・ライトってレコードが思い出深かったなぁ。あれ、CDでてるんだろうか。

tou*uhy**uchi*

2005/12/13 08:29 URL 編集返信
No title
>凡人さん いずれにしてもスウェーデン語なので、カタカナ表記ではどれが正しいとは一概に言えないでしょうね。

Jinne Lou

2005/12/13 21:11 URL 編集返信
No title
>豆腐百珍さん そのレコードは知りませんでした。CDしか持っとらんもので。

Jinne Lou

2005/12/13 21:13 URL 編集返信
No title
私が大学時代だったからもう10年以上前ですが、このレコード、プレミアでした。エヴァンスが一人でエレピとピアノを弾いていた気がします。探してみよっと。

tou*uhy**uchi*

2005/12/14 00:20 URL 編集返信
No title
なんと!輸入盤だけどありました。一曲目はこれで聞いて好きになりました。→http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000DLUO/qid%3D1134487429/250-2573657-5430662

tou*uhy**uchi*

2005/12/14 00:25 URL 編集返信
No title
ほんとだ。試聴してみましたが、エヴァンスのエレピはなかなか新鮮で良いですね。1曲目〈これからの人生〉は自分も好きな曲です。購入したくなりました。

Jinne Lou

2005/12/14 01:42 URL 編集返信
No title
注文しちゃいました(笑)

tou*uhy**uchi*

2005/12/15 15:55 URL 編集返信
No title
いま覗いてみたら「1点在庫あり」とありましたが、あと1点しかないということでしょうかね。どうしよう。俺も注文しようかな。

Jinne Lou

2005/12/16 00:19 URL 編集返信
No title
TBします。記事書きました。

tou*uhy**uchi*

2005/12/18 16:33 URL 編集返信
No title
Waltz for Debby,ケニー・ドリューのピアノはどうですか? 他にはすごく軽く流れるように、ささやくように歌っているのを聞いたことがあるのですが誰だったのだろう?名前は英語読みではいわゆるゼッターランドでは?ヨーコ・ゼッターランドというバレーボール選手からTVに出るようになった人いましたね。

グランピー

2006/01/10 02:33 URL 編集返信
No title
ドリューはもともと“Waltz for Debby”みたいな甘い曲よりも、ブルースやハードバップで個性を遺憾なく発揮できる人なので、後年に日本のレコード会社が作らせた甘ったるいスタンダード集の類は個人的にはあまり好みませんね。 ゼタールンド、セッテルンドの他にゼッターランド説まで…。ますます分からなくなってきました。

Jinne Lou

2006/01/10 23:41 URL 編集返信
No title
ドリューって素人耳にも特徴ありますね。私はその甘ったるいスタンダードを甘ったるくなく演奏しているアーティストが好きです。ドリューは普通かな。

gru**y_c*cli*t49

2006/01/11 01:30 URL 編集返信
No title
最近のトヨタ車のCMにこの曲らしき曲が使われてますが、本来の曲を知らない人がいたらぜひこちらの曲を聴いてほしいものです。私はあのCMのBGMは好かない。それに引きかえビルエヴァンズのピアノはいつ聴いても良いここちです。

gru**y_c*cli*t49

2008/09/14 22:26 URL 編集返信
No title
そういえば流れてましたね。聞くともなしに聞いていましたが。あれは誰が歌ってるんだろう。大貫妙子の声に似てる気がするけど。それにしても、モニカの歌声にはかないませんがね。
エヴァンスの“デビー”は、彼のピアノの良さはもちろんですが、冒頭のスコット・ラファロのベースとの絡みが絶妙だと思います。

Jinne Lou

2008/09/15 00:10 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ