FC2ブログ

もはや戦後ではない




この法律はその仕組みからして、政府にとって都合の悪い情報だろうと何だろうと100%行政の裁量によって半永久的にに秘密に指定できてしまうことが最大の問題とされているわけだ。
こんな法律は、同盟国である米国にも、その他の“先進国”にも存在していない。

ところが冒頭に掲げた記事では、喧々囂々の批判に晒されてきたその最も主要な論点について、あろうことか一言も触れられていない。これは何故なのか、全く理解に苦しむ。この法律について書く以上「個別具体的な論点は、各紙面で詳細に報道されていますから」でスルーできる問題ではないのである。

逆に、この記者が中心的な論点だと考えているらしい「国家の秘密を守る仕組みが必要か否か」は実際にはほとんど争点にはなっておらず、したがって徹頭徹尾的外れな記事であるとしか言いようがない。
これまで一体、何を取材してきたのか。

記者には「まさか政府がそんなことをするわけがない」という無根拠でノーテンキな信頼があるのだろう。
産経新聞の記事全般にみられるメンタリティである。

オレオレ詐欺の被害者の多くは、「そういう詐欺があるのは知っていたが、まさか自分が騙されるとは思わなかった」という人々であるらしい。
同様に「戦前の日本や他の独裁国家でそういう事例があるのは知っていたが、まさか現代の日本政府がそんなことをするわけがない」と考えているオメデタイ人間が、最終的に国家に騙されるのである。

例によってヤフコメ欄をみると、相変わらず「秘密保護法反対=サヨク」というナイーブすぎる図式でしかこの問題を捉えられない単細胞がひしめき合っていて、この国の言論状況の貧しさに失笑するほかない。
だが、いやしくも権力監視を本分とする報道機関のこのザマはどうなのか。その無感覚は致命的ですらあり、失笑では済まないのである。


一方で、この法案に反対した過半数の「世論」にも、自分はあまり期待していない。法案が通るまではメディアでもさんざん騒がれたし、それなりに世間も関心を寄せてきたのだろう。
しかしひとたび法律が成立してしまえば、反対した国民の多くはそれが存在することを気にも留めなくなる。あるいは忘却していく。そして次の選挙では、またケーキカイフクだかナントカミクスだかへの“期待感”から自民・公明を平然と勝たせるのである。

それが証拠に、原発依存政策への回帰がこのほど平気でぶち上げられた。
「原発新設などとんでもない」という世論が大勢だった震災直後であれば、たとえ自公政権下でもこんなことはあり得なかっただろう。
あれからまだ3年も経っていないのに、この有様である。それだけ国民は国家にナメられているし、実際にこの国の国民はナメられるに値するほどの民度しか持っていないのである。

安倍が「(戦前の)日本を取り戻す」のは、そう遠い先の話ではあるまい。
もはや戦後ではない。戦前である。
スポンサーサイト



コメント

コメント(13)
No title
全てに納得、共感できる記事です。
産経記者の「争点」のズレた的外れな記事。
「まさか政府がそんなことをするわけがない」というノーテンキな信頼感。
産経新聞は全く読みませんが、その質が良く分かりました。

「国民は国家にナメられているし、実際にこの国の国民はナメられるに値するほどの民度しか
持っていない」。安部さんが返り咲いた時、この国への失望感で目の前が真っ暗になりました。
参院選の結果、失望は絶望に変わりました。

「もはや戦後ではない」。…仰るとおりです。

alf's mom

2013/12/08 07:15 URL 編集返信
No title
ああ怖い。
「もはや戦後ではない」という言葉があったのを知ったのは子供の頃、
小学生とか中学生の頃でしたが、高校生の頃には「って、まさか戦前じゃないよね?」とおもってました。怖いものって色々ありますけど、……あたしは戦後レジームで全然よかったのに、みたいな……。

ゆまりん

2013/12/08 09:09 URL 編集返信
No title
>相変わらず「秘密保護法反対=サヨク」というナイーブすぎる図式でしかこの問題を捉えられない単細胞がひしめき合っていて

サヨクと在日テロリストの反対と、保守の反対を一緒にするなよバカスーチョン。


>参院選の結果、失望は絶望に変わりました。

お前が絶望ということは最高だな。
日本は、韓国並みの国になるのだ。

>あたしは戦後レジームで全然よかったのに、みたいな……。

たちの悪い弱国にタカられる日は終わるのだ。

re**u*g*2*0l

2013/12/08 20:17 URL 編集返信
No title
高橋昌之とかいう産経新聞記者はジャーナリストのくせにいったいどんな顔して、高見からえらそーな物言いしてるんだ、、ただむかつきました。そのむかつきをこの記事が言葉に置き換えてくれたので少しは吐き気が収まったものの、しかし病巣は深いです。もっと体力をつけなければと思います。

gru**y_c*cli*t49

2013/12/08 23:34 URL 編集返信
No title
>ただむかつきました。

と、いうことは正しいことを言っているようですね。
問題なし。

re**u*g*2*0l

2013/12/09 00:00 URL 編集返信
No title
>alfs momさん

権力監視のチャネルが権力側のお手盛りで狭められようとしているのに、産経新聞はそれを批判するどころか嬉々として受け入れるようです。まさに御用新聞の名に値すると言えるでしょう。

Jinne Lou

2013/12/09 03:32 URL 編集返信
No title
>ゆまりんさん

「戦後レジーム」が気に食わない安倍をはじめとした手合いは、要するに戦前レジームを取り戻したいんでしょうね。前回の政権での教基法改定から、すでにそれは始まっていたわけです。

Jinne Lou

2013/12/09 03:34 URL 編集返信
No title
>グランピーさん

権力にとって最も扱いやすい類の新聞が、権力を批判する他の新聞に対して説教を垂れる図は醜悪であり滑稽ですね。

Jinne Lou

2013/12/09 03:38 URL 編集返信
No title
あの頃、絆絆と騒いでた人々と、この法案に反対してデモ等の活動をしてる人々とは、なんというか、レベルとか層とかが違うとおもいますけど、そうですね、……消費税にも馴れちゃったみたいに、……。

ゆまりん

2013/12/09 10:36 URL 編集返信
No title
>権力監視のチャネルが権力側のお手盛りで狭められようとしているのに

ジャーナリズムが楽しすぎ。
自分の生命かけて報道すればいいじゃん。
権力の批判は、批判そのものが目的じゃ無い。

在日のブラックジャーナリズムこそ批判されるべきだろ。

泣き言言うない。

>レベルとか層とかが違うとおもいますけど

今は面白半分だからな

re**u*g*2*0l

2013/12/09 11:57 URL 編集返信
No title
まぁそうでしょうね。騒がれ方が質的にもだいぶ違いますからね。
「賛成か反対か」と敢えて問われれば「反対」と答える人の大部分は、自分からは積極的に何もしない人たちでしょうから、いずれ喉元過ぎればということになるんでしょう。

Jinne Lou

2013/12/10 03:35 URL 編集返信
No title
>まぁそうでしょうね。騒がれ方が質的にもだいぶ違いますからね。

在日の「歴史脅し」が聞かなくなってジャーナリストの資質が問われるな(笑)

>「賛成か反対か」と敢えて問われれば「反対」と答える人の大部分は、自分からは積極的に何もしない人たちでしょうから、いずれ喉元過ぎればということになるんでしょう。

積極的な反日は少なくなる。
団塊が消えていくからだ。
日本の戦後が終わる。
在日の未来はない。
朝鮮に帰れ。
徴兵されろ。

re**u*g*2*0l

2013/12/10 11:51 URL 編集返信
No title
>韓国南海郡が推進する在日同胞の町である" 南海ヒーリングビレッジ "造成事業に文化体育観光部と慶尚南道の予算支援が確定され、日本での帰国説明会を通じて第一陣になる20世帯の入居者が確定、本格的に推進される見通しだ。

お前を紹介しとくわ。

re**u*g*2*0l

2013/12/10 20:58 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ