FC2ブログ

自由からの逃走

首相靖国参拝 中韓の顔色をうかがうのが国益ではない

産経新聞 12月29日(日)16時0分配信


遊就館で涙したという産経新聞の高橋記者は、たとえば同館における人間魚雷「回天」の展示のされ方についてはどう考えるのか。
自分も以前に見学してその無神経さにほとんど震撼したのだが、この異常な兵器の非人道性には全く触れることなく、乗組員らの「勇敢さ」や「愛国心」の称揚に終始していたのである(現在の展示がどうなっているのかは未確認)。
美辞麗句によって埋め尽くされた解説文にはしかし、国家によって異常な兵器による自爆攻撃を強いられた(念のため言えば、それが形の上で「志願制」であったかどうかという議論は無意味だ。彼らが「志願」せざるを得ない状況に追い込まれていたのは明らかである)「英霊」への謝罪や慙愧の念が、つまりは「礼節」と呼べるようなものの一切合財が根本的に存在していなかったと言える。

館内の展示内容は、一事が万事この調子だった。そこではいかなる非合理的で異常な選択であろうとうも戦時中の日本政府の行為は全てが常に正しく、兵士らは一人残らず国家のために忠誠を捧げて勇敢に死んでいったという「美しい物語」に貫かれている(実際には大半の戦死者が餓死させられている)。

常識的な感覚を持った人間であれば、こうした展示に誰もが強烈な違和感を抱くのではないか。靖国がいかに特殊なイデオロギーを帯びた特殊な宗教施設であるかが端的に示されている。
アーリントン墓地などと同列に語ることは絶対に不可能なのである。

アーリントンに相当する施設が日本にあるとすれば、それは千鳥ヶ淵戦没者墓苑に他ならない。
10月に訪日した米国のケリー国務長官とヘーゲル国防長官が、戦没者追悼のために靖国ではなく千鳥ヶ淵を訪問したのも、それが国際的な共通認識である事実の一端を示している。


「中韓の顔色をうかがうのが国益ではない」という主張は、その通りだろう。
「中韓との関係を損ねる」という観点からのみ靖国参拝が批判される状況は、実に倒錯していると思う。
そのような論拠でしか批判しない人たちは、中韓が何も言わなければ総理が靖国に参拝してもいいとでも言うのだろうか。
現実的な外交問題への対処としての当否はさておき、これは問題の本質から乖離した議論である。

中韓の言い分や外交云々ではないのだ。
歴史的に戦争遂行のために建立され、現在も特殊なイデオロギーに支配されている宗教施設を、今後も戦没者追悼のための事実上の公式施設として認めるのかどうか。日本人としての矜持が問われる問題である。「愛国心」という言葉が好きな人は、そう言い換えてもいいだろう。

近代化によって確立した個々人の自己がその代償として負わされた「自由の重荷」から逃れるために、「個」を捨てて国家のような巨大な権威と一体化していこうとするーー エーリッヒ・フロムが指摘したのは、そんな全体主義の成立過程だったと思う(『自由からの逃走』)。

総理の靖国参拝が熱狂的に支持される現代日本は、その過程と重なりつつあるように自分には見える。
スポンサーサイト



コメント

コメント(12)
No title
>中韓が何も言わなければ総理が靖国に参拝してもいいとでも言うのだろうか。

参拝すべきなんだよバカスーチョン。
「共産主義」という特殊なイデオロギーに支配されると先祖と言うものや、歴史も自分でコントロールできると奢りだす。

お前らはホンマにあかんで。
日本にいたらあかん。
公安と民潭と総連に通報やな。

re**u*g*2*0l

2013/12/30 16:21 URL 編集返信
No title
遊就館の展示物。
それらが「戦時中の日本政府の行為は全てが常に正しく、兵士らは一人残らず国家のために忠誠を捧げて勇敢に死んでいったという『美しい物語』に貫かれて」、館内にあるということ。
それを思っただけで、この神社の特殊性が分かります。

ケリーさんらも、アーリントン墓地に相当するのはそこではないと、
わざわざ行動で示したのに、安倍さんらにはわからなかったのですね…
情けなくなるほどの頭の働きの悪さ…意見を聞き入れる能力のなさ…

総務相も元旦参拝したと知り、その思考力のなさに愕然としました。

alf's mom

2014/01/03 17:07 URL 編集返信
No title
>ケリーさんらも、アーリントン墓地に相当するのはそこではないと、わざわざ行動で示したのに

都合のいいときだけキリスト教国と神道を一緒にすんなよバカババア。

>情けなくなるほどの頭の働きの悪さ…

21世紀にアカのお前な。

>意見を聞き入れる能力のなさ…

注意してやってんのに私を罵倒し続けるお前な。

>総務相も元旦参拝したと知り、その思考力のなさに愕然としました。

総務相GJ

re**u*g*2*0l

2014/01/04 01:29 URL 編集返信
No title
安倍があえて参拝するまで極秘にしたのは、旭日旗を持って駆け付けるような連中の喝采を受けながら参拝する図が世界に発信されるのをなんとしてでも避けたかったかららしいですが(笑)、どんなに独りよがりの論理を組み立てたところで、そういう靖国にまつわる面々が世界からはいかに奇異に受け止められるかは否応なく分かっているんでしょう。
ヤフコメとか見てると、欧米からの非難に対して「アジアで文句を言ってるは中韓だけ」とか先入観に基づいた苦し紛れの戯言も散見されますが、台湾でも外交部が批判声明を発表しています。そうすると今度は外省人ガーとか言うんでしょうけどね。

Jinne Lou

2014/01/04 01:42 URL 編集返信
No title
>安倍があえて参拝するまで極秘にしたのは

滞在国の首相をジャーナリストが呼び捨てかよバカスーチョン
こういうのは広めておくな。

>どんなに独りよがりの論理

在日の妄想だな
日本人はもう騙されない

>「アジアで文句を言ってるは中韓だけ」とか先入観に基づいた苦し紛れの戯言

で、台湾?
これのことだな。

「歴史の教訓を心に刻み、近隣国家の国民感情を傷つけるべきでない」との声明を発表する一方、中韓のような厳しい批判は避けた。馬英九政権は日本との経済交流を重視し、「台日関係は過去40年間で最良」などと位置付けている。

米国と同等の文言じゃないか?
ジャーナリストちゃんよぉ?
あぁ、おぃ、どうしたバカスーチョン?

re**u*g*2*0l

2014/01/04 03:01 URL 編集返信
No title
『自由からの逃走』は大学の教養哲学で取り上げられて、スゴく納得しました。結局人間って……、みたいな。あたし自身、自分は絶対違う、とも言い切れませんし。

ゆまりん

2014/01/18 10:00 URL 編集返信
No title
自由を標榜するならジャングルで暮らせ

re**u*g*2*0l

2014/01/18 12:06 URL 編集返信
No title
それは誰しもそうでしょうね。ハンナ・アーレントの考察とも併せて、人間の本質を突いていると思います。

Jinne Lou

2014/01/18 22:42 URL 編集返信
No title
平田の裁判関連で元信者の記事を新聞で読みましたが、帰依して、思考停止になるんですね、考えることは教祖様がやってくれるから、って。スゴい楽そうで、ちょっと羨ましくおもったりしちゃいます。

ゆまりん

2014/01/19 07:24 URL 編集返信
No title
>スゴい楽そうで、ちょっと羨ましくおもったりしちゃいます。

いや、お前らこそそのまんまだから。
平和平和で日本を戦争に負けさせようとする活動な。

re**u*g*2*0l

2014/01/22 11:46 URL 編集返信
No title
そういえば、統一教会も「自分で考えるな。考えるとサタンに支配される」と教え込んでいたそうです。カルトもファシズムも根は同じなんでしょう。

Jinne Lou

2014/01/23 03:45 URL 編集返信
No title
>そういえば、統一教会も

そういえば共産党も、な。

統一教会は詳しいだろ(笑) スーさん

re**u*g*2*0l

2014/01/23 20:12 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ