FC2ブログ

OLD FASHIONED LOVE/MELISSA COLLARD

イメージ 1

なんともノスタルジックで心地良い1枚。カントリー風のドレスでくつろぐジャケ写が気に入っています。内容もジャケやタイトルのイメージそのまんまの、古き良き時代をしのばせる小品集といったところ。

今のところメリッサ・カラードのアルバムは、昨秋に出たこの1枚のみ。日本ではおろか、アメリカ本国でもまだほとんど無名のようです。だけれども、こういう感覚の歌手が出てきたことは嬉しい。単なる懐古趣味ではなく、古かろうが新しかろうが良い曲は良い。良い曲は、奇をてらわず素直に歌う。この姿勢を買いたいと思います。ノラ・ジョーンズの作品にも通じる雰囲気があるけど、もっと肩の力が抜けている感じ。ノンシャランなようで、それでいて老獪。この絶妙な枯れ具合。ジャズ・ヴォーカルというと、最初は気張ってエラ、サラ、カーメンなどを聴き込んでしまいますが、結局行き着くのはこの境地ではないかという気がします。次作が最も待ち遠しい歌手です。

アコースティックギターの弾き語りを得意とする人のようで、ジャズ歌手では意外に珍しいタイプですね。ここではギターは別のミュージシャンが弾いてますが、カントリーやフォークソングっぽい雰囲気が横溢。フィドル(バイオリン)にバンジョー、管楽器も加わって、ディキシーやスウィングの古き良き味わいも楽しめます。

実はここで取り上げられている曲は半分以上知らなかったんですが、どうやらほとんどが古いスタンダードソングらしい。ずいぶん渋い曲ばかり選んだものです。一方では〈スターダスト〉みたいな超有名曲も。このミディアムテンポで歌い上げられるスターダストが、ふんわりと温かみある演奏で実に素晴らしい。途中でソロを取るトロンボーンの音色もよくマッチしてます。ジャンゴ風のギターをバックに歌う〈夢で逢いましょう(I'll See You in My Dreams)〉もいい味出してます。思わずギターを引っ張り出して、一緒に口ずさんでしまいます。

最初はどうということもなかったけど、聴いているうちにいたく気に入ってしまったのが〈オン・ナ・ココナッツ・アイランド〉。全く知りませんでしたが、解説によればサッチモも録音したハワイアンの名曲とのこと。スティールギター、ウクレレといったお約束のハワイアン楽器に乗せて、ホントにフラダンス踊りながら歌ってそうなヴォーカル&コーラスが。もはや脳内は南国気分…。こりゃ病み付きになります。

彼女のオフィシャル・サイトも見てあげてください。CDデビューの喜びが伝わってきます。


脱力へろへろ~度 ★★★★★
カントリー娘。度 ★★★★☆
いい湯だな度   ★★★★★


今回からAmazonのアソシエイトを導入しました。購入される方は是非、以下からよろしく。私が儲かりますので。
オールド・ファッションド・ラヴ \2,394
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
さっそく収録曲を覗いてみましたら、わずかに知っているのはI'll see you in my dreams.ぐらいでした。で、なぜ超有名スターダストが混じってと思いましたが、恐らくそれは日本人の感覚なんだろうと思いました。きっと他の曲もネイティブには昔からのお馴染みじゃないかと。少なくともメロディぐらいは。HMVで検索したらどれも幅広く演奏されてるのが多かったです。Jinneさんの評定見るかぎりじゃ、わたしはパスにしとこ。

グランピー

2006/01/25 22:32 URL 編集返信
No title
いやそうおっしゃらず、試しに1枚どうですか。と、さっそく商売してみました。スターダストは向こうでは国歌に次に有名だそうですが(本当か?)、他はどうなんでしょうか。タイトル曲の“Old Fashioned Love”もわりと気に入りました。

Jinne Lou

2006/01/25 23:51 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ