FC2ブログ

「戦争は平和」 偉大なるビッグ・ブラザー様が言葉を規定する

安保法制は「平安法」?呼称「平和安全法制」に

政府・与党は14日に閣議決定した新たな安全保障関連法案について、「平和安全法制」という呼称を普及させようとしている(以下略)

読売新聞 5月15日

現に平和である状態を維持するための行為と、現に起こっている戦争の一方に加担して平和を実現しようとする行為との間には、その本質において雲泥の差がある。
仮にどちらも「平和」という目的が同じだとしても、その過程に戦争への加担を含むかどうかは、それによって殺したり殺されたりする可能性がある側にとって極めて重要である。
当該法案が目指すのは、戦争の一方の当事者側を支援することなのだから、客観的に見て戦争に加担する行為に他ならない。
良くも悪くも「戦争法制」という不穏な呼称がより端的で本質的であり、情報量が多いのは明らかだ。

だが、国民らに進んで戦争で死んでもらわなければならない立場の権力者にとって、この不穏な事実をあまり知られると困る。
主観的な目的だけを表そうとする「平和」「安全」という無色透明・中立的かつ「死」のイメージを否定する言葉をちりばめた呼称こそ、目下進行中の事態の隠ぺいに最適なのである。
「八紘一宇」「大東亜共栄圏」などという類の言葉と同様である。
そういえば「家族だんらん法案」なんてのもあった。

「姑息だ」という批判もあるが、当たり前だ。事態が完成するまでの一時しのぎなのだから。





G.オーウェルの『1984年』で、ビッグ・ブラザー率いる独裁政権が掲げるスローガンは、「戦争は平和」「自由は隷従」「無知は力」だった。


権力が独裁を始めるにあたってまず着手すべきなのは、民衆を知と自由から遠ざけ、思考原理を根本から改造することだ。

民衆が使うべき「言葉」とその「意味」を規定することは、独裁権力獲得のための第一歩である。
とりわけ分かりやすい名前や見出しは重要だ。
複雑な内容であるほど、人はそれらを判断材料に九割方を分かったつもりになるからである。

「平和安全法制」をどう思うか? 市民団体がきょう、有楽町で道行く人にアンケート調査した。(主催:特定秘密保護法を考える市民の会) / 平和安全法制に「賛成」「反対」「わからない」を問うシール投票だ / 「平和と安全のための法律だったらいいんじゃないの」と騙されて「賛成」にシールを貼る人が少なからずいた / 主催者が「戦争法案ですよ」と説明すると「エッ!そうなの」と言って賛成に投じたシールをはがす女性(30代)もいた / 名門私立大学の4年生(女性)は「平和のために戦争をしないための法律、と一見思ってしまう」と首をかしげた。

2015年5月16日田中龍作ジャーナル
スポンサーサイト



コメント

コメント(10)
No title
お上のネーミングなんてロクなもんじゃありません。「年金100年安心プラン」がもう不安いっぱいです。

k-k-kentaro

2015/05/17 08:17 URL 編集返信
No title
ああ厭だ、「自由からの逃走」です。やっぱりそっちの方が楽なんです……。

ゆまりん

2015/05/17 10:07 URL 編集返信
No title
「現に平和である状態を維持するための行為と、現に起こっている戦争の一方に加担して平和を実現しようとする行為との間には、その本質において雲泥の差がある」。
その通りです。今の状態を続けることのどこに平和への不安を感じさせるのがあるのかと思います。不安を煽っているのは政権側ではないかと。

「平和のために戦争をしないための法律」女学生さんが言ったように
そう思わせるような実に巧妙な作文朗読を「彼」はしていました。

alf's mom

2015/05/17 18:27 URL 編集返信
No title
>k-k-kentaroさん

ああそんなのもありましたね。ひどいネーミングセンスです。

Jinne Lou

2015/05/18 03:38 URL 編集返信
No title
>ゆまりんさん

結局、自分で考えて行動することから逃げてビッグ・ブラザーに従いたいから、対話を重視するリーダーよりも対話を無視して強引に決定するリーダーのほうが「リーダーシップがある」とか言ってもてはやされるんですよね。

Jinne Lou

2015/05/18 03:46 URL 編集返信
No title
>alfs momさん

こういう重大で本質的な違いを、人々の耳目をスルーできるマイルドな言葉で隠ぺいすることは昔から権力者・独裁者の常套手段でしょう。そんな凡庸な手口に繰り返し騙され続けるのが民衆です。

Jinne Lou

2015/05/18 03:55 URL 編集返信
No title
決められない政治、の方が、よっぽどよかったような。

ゆまりん

2015/05/19 09:36 URL 編集返信
No title
悪いことをどんどん決めるくらいなら、何も決められないほうがまだマシですからね。

Jinne Lou

2015/05/20 23:27 URL 編集返信
No title
よっぽどというか、あたしはもともと小泉や安倍のような強権的なやり方は厭で、「決められない政治」当時も、拙速よりいいじゃん、とおもってたんですが。
憲法改正だって100年くらいかけてもいいとおもいます。ヤツの感傷でさくさく変えられては未来にも過去にも申し訳ない。

ゆまりん

2015/05/21 09:50 URL 編集返信
No title
「決められない政治」と言っても、政治家が政治の場で決めることだけが社会的な決定ではないですからね。現行の憲法にしても、70年近くにわたって問題なく運用されてきてこの国の枠組みとして国の内外に受け入れられてきたことも、国のあり方を決定づけてきたと言えるでしょう。

Jinne Lou

2015/05/22 04:27 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ