FC2ブログ

「道徳」という非道徳



「道徳の教材は江戸しぐさの真偽を教えるものではない。正しいか間違っているかではなく、礼儀について考えてもらうのが趣旨だ」「道徳の時間は江戸しぐさの真偽を教える時間ではない(から問題ない)」とうい文科省の主張には驚きだ。

「江戸しぐさ」なるものがあたかも歴史的事実であるかのように記述され、礼儀について教訓を垂れる根拠とされているにもかかわらず、その真偽が問われると「真偽を教えるものではない」から事実でなくても問題はないというのである。

「道徳」という教科につきまとううさん臭さを端的に象徴しているエピソードだと感じる。
明治期以降に称揚された「武士道」やら「万世一系」やらと同等の性格を持つプロパガンダが「江戸しぐさ」なのだろう。
どんな時代でも、常に「現代」は道徳が乱れているのであり、常に「昔は良かった」のである。
「道徳」を説きたがる人間ほど、この妄想を強要してくる。たちが悪いのは、それが多くの場合は善意に基づいている点だ。
「道徳」ほど非道徳的なものはないと思っている。

身に付けるべきは道徳ではなく、哲学である。教えられるべきは「正しい価値観」ではなく、正しく考えるための方法である。
スポンサーサイト



コメント

コメント(7)
No title
価値観の押し付け、堪りません。
過去を振り返った時、「道徳の授業」で身についた「道徳」などなかったと断言できます。

>教えられるべきは「正しい価値観」ではなく、正しく考えるための方法である。
…心から共感します。
有りもしなかった「江戸しぐさ」をその言葉と共に教材に使う…
その文科省の精神こそ「不道徳」です。

alf's mom

2016/04/07 05:38 URL 編集返信
No title
ホント、それですねー、正しく考えるための方法。……さすが。

ゆまりん

2016/04/07 09:28 URL 編集返信
No title
> alf's momさん

道徳の授業で身に付くことがあるとすれば、「この社会ではどういう言動をすれば道徳的とみなされるか」という知識だと思います。周囲の空気を読んで表面的に道徳的にふるまう渡世術を伝授する授業が「道徳」だと思っています。

Jinne Lou

2016/04/08 03:40 URL 編集返信
No title
> ゆまりんさん

この文科省の役人の発言は、それとは正反対のものですね。正しくない方法によって、「正しいとされる」価値観を教え込もうとするものです。

Jinne Lou

2016/04/08 03:43 URL 編集返信
No title
> 内緒さん

「傘かしげ」なんて、むしろ洋傘が普及してから自然発生的に普及した習慣でしょう。でも自分の場合は、傘を傾けるのではなく高く持ち上げてすれ違うことのほうが多いですがね。そのほうが狭い道でもスムーズに通れます。いずれにせよ、道徳とは無関係に必要に駆られて行うものです。

Jinne Lou

2016/04/08 03:49 URL 編集返信
No title
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160410-00010000-bookbang-life
なるほどー、江戸時代、電車内で「こぶし腰浮かせ」というのがあったんですね。スゴいなァ江戸時代の人。

ゆまりん

2016/04/10 10:18 URL 編集返信
No title
走ってたんでしょうね、大江戸線。

べつに江戸時代まで遡らなくても、昭和発祥のこんなルールもあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/jinne_lou/42740951.html

Jinne Lou

2016/04/11 05:11 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ