FC2ブログ

虚構の作り方について

「国民の憲法」3年…改正論議を進めるときだ

 東日本大震災に続き、熊本地震が日本を襲い、被災者を救う懸命の努力が続いている。今後さらに大災害が起きる可能性も、予測しておかなければならない。国民の命を守るための緊急事態条項の創設が必要だ。
(略)
憲法改正に対する国民の関心は高く、本紙とFNNの4月の合同世論調査では、62・8%の人が夏の参院選の「重要な争点」と位置付けた。にもかかわらず、このところの国会や与野党の議論が低調なのは極めて残念だ。
(略)

2016.4.26 産経新聞「主張」



〈FNNの4月の合同世論調査では、62・8%の人が夏の参院選の「重要な争点」と位置付けた〉のだという。
ではその世論調査の結果を見てみよう。



憲法改正議論に関心 改憲勢力、非改憲勢力問わず

産経新聞社とFNNの合同世論調査では、憲法改正を夏の参院選の争点ととらえる人が支持政党を問わず多数を占め(以下略)



実際の調査結果のデータは以下で確認できる。
【産経・FNN世論調査】=主な質問と回答=

このうち、冒頭の「主張」で触れられているのは以下の設問だ。

《憲法改正は重要な争点になると思うか》

思う62.8  思わない31.3  他5.9

なるほど、これを見ると6割超の有権者が「憲法改正は重要な争点になる」と思っているようだ。

ところが「主張」でも他の記事でも触れられていない設問では、以下のような結果が示されている。

【問】参院選で最も重視する政策課題を1つ選ぶと

景気・経済対策21.1 
医療・年金などの社会保障29.4
子育て・待機児童問題11.3
消費税率の引き上げ3.7
財政再建4.6 
格差是正4.0  
外交1.4
集団的自衛権を限定的に容認した安全保障法制4.7
災害対応など危機管理1.8
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)2.0
原発・エネルギー政策5.4
政治とカネ2.3
憲法改正4.5
他2.8
特にない1.0

念のためグラフにするとこうなる。

イメージ 1



だがこの調査結果を報じる記事では「4.5%」という数字には触れず、専ら「62.8%」だけを根拠に「憲法改正議論に関心」なる見出しを掲げ、社説では「憲法改正に対する国民の関心は高く」という虚構に基づいた主張を行う。それによって、憲法による権力への制約を緩めるためのお手伝いをするのが産経という新聞なのだろう。

ちなみに朝日新聞が先月までに実施した世論調査でも同様の設問があり、「一番重視する政策」としては「景気・雇用」30%、「社会保障・福祉」22%などに対し、「憲法」は8%にすぎなかった(産経とは異なり「憲法改正」ではなく「憲法」なので、護憲的な意味での関心も比較的多く含まれている可能性がある)。


現に政治的な争点になっているテーマの一つを単独で取り出して「重要か?」と問えば、「重要だ」という回答が過半数を占めるのはごく自然なことである。
だが数多ある政策課題を羅列したときの優先順位には、歴然たる差が表れるのもまた自然なことだろう。

たとえば、同様に
「景気・経済対策は重要な争点になると思うか」
「医療・年金などの社会保は重要な争点になると思うか」
「子育て・待機児童問題は重要な争点になると思うか」
という設問があれば、6割どころではない結果になったであろう。


憲法の制約を課されている権力側が「制約が厳しすぎるので緩めたほうがいい」と勝手な主張をしているのに対して、制約を課している側の有権者はあまり取り合わず、「もっと他に重要なことがあるだろう」と言っている構図である。


櫻井よしこ氏「今の憲法のままでは日本国民を守ることができない」

「私たちはあの3・11から、何を学んだのでしょうか。十分にお年寄りを助けることができましたでしょうか。体が不自由な人を助け出すことができたでしょうか( 略 )このことを考えることなしには、日本国憲法をどのように変えたらよいのかという議論も意味がないと思います」

では櫻井氏に聞きたいが、東日本大震災で現憲法の制約のために人命や財産が失われた具体的な例があるのか。



彼女は熊本地震についても同様の主張をして記者から同様の指摘を受けているが、具体例は挙げられなかったようだ。百地氏からも異論が出ている。

この「問題」に関しては、以前から日本会議が「東日本大震災時に、救急車がガソリン不足で出動できず人命が失われるケースが相次いだ。憲法で国家緊急権が定められていればこんなことはなかった」などという主張をしていたようだ。先日放送の「報道特集」が全国の消防署に確認して、そのような事例は1件もなかったことを立証している。

事実の誇張、無根拠な主張、デマを振りまく人々が、「報道機関」や「ジャーナリスト」と呼ばれたり、改憲によって国家権力の権限拡大を図ろうとしている。
それは彼らが悪意を持っているからではなく、単に無知であるためにむしろ「善」だと信じて行っているのだと思う。

その無知は、「日本国の統治の仕方を振り返ってみるときに、国と国民が対立してきた、そしてその国を縛るための基本ルールが憲法であるというような考え方は、私たちにはなじみません」(櫻井)など、自分たちが信じたい「日本国」の姿に固執して、世界の歴史に何も学ばない姿勢とセットの無知である。
スポンサーサイト



コメント

コメント(13)
No title
同感!
無知を晒しているだけ
そんな人達が改正しようとよくも恥ずかし気も無く声高に言えるんでしょうね。

carmenc

2016/05/05 02:29 URL 編集返信
No title
> 内緒さん

たとえば「原発・エネルギー政策」は5.4%と「憲法改正」よりも高い関心を集めているので、「重要な争点になると思うか」という設問があれば改憲よりも多くの回答者が「思う」と回答したでしょう。しかし「原発とエネルギーを夏の参院選の争点ととらえる人が支持政党を問わず多数を占め」云々といった記事を、産経は絶対に書きません。それは単に産経が原発よりも改憲を争点にしたいからという恣意的な理由にすぎません。

Jinne Lou

2016/05/05 05:41 URL 編集返信
No title
> carmencさん

参院選前の熊本地震を奇貨として「だから憲法には国家緊急権が必要だ」とか言い出している人は、恥ずかしいという自覚がないんでしょう。このところ「不謹慎狩り」が流行っているようですが、芸能人なんかよりそんな奴らをターゲットにすべきだと思います。

Jinne Lou

2016/05/05 05:44 URL 編集返信
No title
緊急事態条項なんて……どんだけ縛られたいんだと、謎です。

ゆまりん

2016/05/05 09:18 URL 編集返信
No title
> ゆまりんさん

過去の震災でも、たとえばがれきを強制的に撤去できないことが命に関わったりしたケースは聞いたことがないです。たかだかその程度のことを理由に、国家を信頼して自由を預けるリスクを取る意味が分かりません。なんでそこまで彼らは自由を制限されたいんでしょうかね。

Jinne Lou

2016/05/06 02:38 URL 編集返信
No title
> 内緒さん

販売店にとっては新聞が売れればいいのであって、全く頓着しないんでしょう。ただ現場の記者同士も、記者クラブとかではあまり頓着せず付き合っているようですがね。

Jinne Lou

2016/05/06 02:40 URL 編集返信
No title
櫻井よしこ等改憲派が意図的ではなく、本気で「ありもしない日本国の現実」を信じ、出鱈目なデマを流しているなら、彼女たちこそ方向性は違えど「脳内お花畑」と呼ぶにふさわしい人間です。

お気に入り登録させていただきます。
これからもよろしくお願いします。

k-k-kentaro

2016/05/07 22:54 URL 編集返信
No title
> k-k-kentaroさん

そういう人にとっては、見たいものしか見えないんでしょうね。だから、世界で歴史的に確立されてきた立憲主義についても「日本に合わないから」とか言って平気で否定できるんでしょう。

お気に入り登録ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

Jinne Lou

2016/05/08 06:31 URL 編集返信
No title
> 内緒さん

そんなもんです。

Jinne Lou

2016/05/08 06:34 URL 編集返信
No title
櫻井よしこは論破されまくってますな。それでもしつこく繰り返すのは、やっぱりそれがナチスの手口だから?

fha*****

2016/05/08 20:43 URL 編集返信
No title
なんか保守派のアイドル的な扱いのようですが、自分には裸の女王様に見えます。

Jinne Lou

2016/05/09 03:04 URL 編集返信
No title
その、数字のトリックは別として、憲法改正に関心のある人は改正に賛成みたいな記事の持ってき方みたいですけど、違いますよね、関心のある人が賛成って……。

ゆまりん

2016/05/09 09:50 URL 編集返信
No title
たぶん2、3割くらいは改憲の動きへの危機感からの関心じゃないでしょうかね。
ただそう思っていても「『憲法改正』は重要な争点か」という問いには、否定的な意味で関心を持つ人は「重要だ」とは答えづらいですが、だからこそ「『憲法』は重要な争点か」と聞いた朝日の調査では「重要だ」という回答の割合が産経を上回っているんだと思います。

Jinne Lou

2016/05/10 06:00 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ