FC2ブログ

『Newton』の存続を願う

「ニュートン」民事再生申請=発行元「雑誌存続に全力」―東京地裁

出資法違反容疑で元社長らが逮捕された科学雑誌「Newton(ニュートン)」の発行元「ニュートンプレス」(東京都渋谷区)は20日、東京地裁に民事再生手続きの開始を申し立てたと発表した。同社は「雑誌を維持、存続させることが、課された社会的使命と考え、全力で再建に臨みたい」などとするコメントを出した。ニュートンは1981年創刊の月刊科学雑誌。元社長ら2人が17日、利息を支払うなどと持ち掛けて定期購読者から現金を預かったとして、出資法違反容疑で山口県警に逮捕された。

時事通信 2/20(月) 13:18配信


前社長は従業員に対する悪辣な不当労働行為でも有名だったようだ。
経営者の実態はともあれ、科学入門者誌としては類例のない良質な雑誌なのでショックだ。
(ライバル誌としては『日経サイエンス』などもあるが、こちらは『Newton』ほど科学素人に親切な内容にはなっていない)

かつて『ガロ』でマンガの一時代をなした青林堂が今やヘイト本と従業員へのパワハラで有名なブラック出版社になり下がってしまったのと比べると、ニュートンプレスは今後も頑張って存続してもらいたい企業であることに変わりはない。

4月から息子が小学校に上がるのを機に学割で定期購読しようと目論んでいるだけに、なんとか続いてほしいものである。
スポンサーサイト



コメント

コメント(3)
No title
色々あるんですねえ。出版なんて憧れの職場ですけど。

ゆまりん

2017/02/21 20:46 URL 編集返信
No title
> 内緒さん

雑誌自体はこれまでと変わらず発行を続けるとのことで、応援したいと思います。
子の成長は早いものです。

Jinne Lou

2017/02/22 03:51 URL 編集返信
No title
> ゆまりんさん

出版業界も、中堅以下は厳しいと思いますよ。うちは中堅どころか零細業界紙ですが。

Jinne Lou

2017/02/22 03:52 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

Jinne Lou

Author:Jinne Lou
個人>国家
公共≠国家

月別アーカイブ